ロイヤルの手紙

1960年代にテキサス大学ロングホーンズを率いた名コーチ、ダレル・ロイヤル(Darrell Royal)が選手に宛てたと言われる手紙をご存知の方も多いだろう。最近では、人気コミックでも紹介されたようだ。気持ちを奮い起たせる名文である。



「親愛なるロングホーン諸君

打ち負かされること自体は、何ら恥ずべきことではない。打ち負かされたまま、立ちあがろうともせずにいることが、恥ずべきことなのである。ここに、数多くの人生での敗北を喫しながらも、それから立ち直る勇気を持ち続けた、偉大なる男の歴史を紹介しよう。

1832年 失業
1832年 州議選に落選
1833年 事業倒産
1834年 州議会議員に当選
1835年 婚約者死亡
1836年 神経衰弱罹病
1838年 州議会議長落選
1845年 下院議員指名投票で敗北
1846年 下院議員当選
1848年 下院議員再選ならず
1849年 国土庁調査官を拒否される
1854年 上院議員落選
1856年 副大統領指名投票で敗退
1858年 上院議員、再度落選


そして1860年、アブラハム・リンカーンは、米国大統領に選出された。

諸君も3軍でシーズンを迎え、6軍に落ちることがあるかもしれない。1軍で始まり、4軍となるかもしれない。諸君が常に自問自答すべきことは、打ちのめされた後、自分は何をしようとしているのか、ということである。不平をこぼし情けなく思うだけか、あるいは闘志を燃やし再び立ち向かっていくのかということである。今秋、競技場でプレーする諸君の誰もが、必ずや一度や二度屈辱を味あわされるだろう。打ちのめされたことがない選手なんて、かつていたことがない。ただ一流選手はあらゆる努力をはらって速やかに立ち上がろうと努める、並のフットボール選手は立ち上がるのが少しばかり遅い、そして敗者はいつまでもグラウンドに横たわったままである。
親愛なる ダレル・ロイヤル」

後藤完夫『改訂版 新フットボール専科』pp.18-19(タッチダウン株式会社、1988年)



昨夜、5年前に卒業したOBから『ロイヤルの手紙』なみに私を励ましてくれるメールが届いた。
ありがとね。
オレも現役たちも、ますます頑張るよ。

いよいよ明後日から練習再開だ。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version