選手の資質(10)

偉大なフットボール選手になるための資質
『限定された社会活動やトレーニングの規則に縛られるような犠牲を進んで払うこと』
(NFL/NFF "COACH'S PLAYBOOK" p.305)

犠牲を払う、あるいは献身する、…こうしたことを今の学生たちは正しく理解できていないような気がする。

「自分の時間が取れないのでクラブを辞めたい。そこまで自分の時間を犠牲にできない」
これが最近クラブを辞めていく学生たちの“決まり文句”だ。
フットボールをしたくて入部したなら、フットボールに取り組んでいる時間が自分の時間だろ?
それに、犠牲という言葉の使い方を間違ってないかい?
むしろ、自分のわがままにクラブの仲間たちを犠牲にしているんじゃないかい?

「努力し、犠牲を払い、協力し、チームの勝利に出来うる限りをする--選手は限界まで試合に献身せねばならない」
ポール“ベア”ブライアント

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version