踏ん張りどころ

今日は午後から土樋キャンパスで会議があったので、終わってから3年生を集めてミーティングを行った。
5月中は練習よりも部員勧誘を優先してきたが、その結果を報告してもらったり、連絡事項を確認したりした。
4月の入学式から約2ヶ月、前回のミーティングから3週間が経過したが、目標とした新入部員の人数にはまだまだ足りない。現役部員たちは、彼等なりには一所懸命にやってきたつもりだろうが、そんなのは何の役にも立たない。そのことには気付いたようだ。
いつも言っていることだが、できるできないではなく、やるかやらないか、だ。
この1年は、4年生がいないという点でKayaksにとって不安な年であり、若いチームという点で楽しみな年である。今は思った以上に勧誘に苦戦し、不安な面ばかりが目立つかもしれない。
しかし、今が踏ん張りどころだ。
今こそみんなで力を合わせて頑張っていこう。

明日は学生選抜チームの練習日だ。仕事の都合で少ししか参加できないが、精一杯頑張ろう。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version