スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今シーズンのオフェンスライン

仙台は昨日の午後から雨が降りだし、夜はどしゃ降りの雨。今日の朝練は無理かなーと思って昨夜のうちに4年生幹部と相談したが、彼らの出した答えは「雨天決行」。予定どおり朝6時に泉キャンパスの正門に集まって、6時半に練習を開始することにした。

今朝、私は5時15分に起きたのだが、この時既に雨は上がっていて、ずぶ濡れになりながら練習する心配はなくなったが、グラウンドは相当ぬかるんでいるだろうと思われた。案の定、ぬかるんではいたが、泉キャンパスのグラウンドは土のグラウンドとしては最高の部類で、水はけも良く、昨夜からかなりの雨量が降ったはずだが、今朝も水たまりはほとんど無かった。

さて、今日の練習は、明日の東北大学ホーネッツとの合同練習を前に、軽めのヒットメニューで体を衝撃に慣らすことに多くの時間を費やした。

始めに、私たちが「2ホールミラー」と呼ぶドリルを行い、至近距離から勢いをつけずに正確に踏み込んで、ボールキャリアをタックルする練習を行った。昨日のガンスモーク同様、タックリング技術習得の導入メニューとして私が好む練習メニューのひとつで、ガンスモークが正面からタックルする最も基本的な技術の習得に特化しているのに対し、2ホールミラーは実戦に近い、やや角度がついた位置からのタックル技術の習得にウェイトを置いている。ガンスモークがレベル1とすれば、2ホールミラーはレベル2、といった感じか?!

短い時間、集中して反復し、今日は次に1オン1ハンドオフドリルを行った。
ライン対ラインあるいはラインバッカー、レシーバー対ディフェンスバックあるいはラインバッカーが1対1で戦い、走ってくるボールキャリアをディフェンス側がタックルするか、オフェンス側がブロックを成功させてゲインするかを競い合うメニューで、アメリカンフットボールのランプレーを最も小さい単位まで凝縮した練習メニューである。

私は今シーズン、監督として全体を統括しつつ、ポジションコーチとしてオフェンスラインを担当しているので、練習はいつもオフェンスラインを中心に見ているが、彼らは、人数は極めて少ないものの、常にまずまずの能力を発揮してくれている。ただし今日は、動き出して相手にヒットした瞬間(というか結構長い時間)足が止まってしまうプレーヤーが何人かいて、これはすぐに修正しなければならないポイントなので、大声で励ましながら何度も繰り返し反復して修正していった。

今シーズンのオフェンスラインは器用なプレーヤーが多く、注意するとすぐに修正できる。悪い癖になる前に修正してあげて、また足が止まるようになったらすぐに指摘してあげれば、きっと彼らは今よりずっと強いラインメンになれるはず。まだまだ発展途上だが、秋のリーグ戦に向けて、じっくり焦らず指導していこう。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。