スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンスモーク

今日から、いつも練習を行っている泉キャンパスのグラウンドで朝練が行えるようになり、荷物の移動やグラウンドの準備など、昨日に比べたら格段にラクになった(はず)。

今朝の仙台は曇り空だったが、夜に雨が降ったようで、グラウンドはちょうど良い具合に湿っていて、コンディションはとても良かった。このグラウンドは本学体育会ラグビー部と共同で使用しているのだが、夜間照明が使えないのだから当然ラグビー部も朝練を行っており、今日もグラウンドを半分ずつ使用して練習を行った。

泉キャンパスの施設は規程では8時半からしか使用できないが、今回は震災に伴う特別措置として、6時入構、6時半練習開始で許可をいただいた。授業開始は8時50分だが、多賀城キャンパスや土樋キャンパスに向かう時間を考慮すると、朝練は普段の夜間練習よりさらに短い練習時間しか確保できない。そのため、昨日の朝練の反省を踏まえ、さらに効率化を図って短い時間でウォーミングアップを終え、そしてパートごとの練習を行ったあと、今日は5分間だけ、ガンスモークを行った。

ガンスモークとはタックリングの基本的な練習メニューで、お互い仰向けに寝た状態から笛の合図で起き上がり、ボールキャリアとタックラーがナマ(本気、全力の意!?)でぶつかりあう練習メニュー。寝た状態から始まるので低い姿勢を維持しやすいし、どんなに激しく当たろうとしても、1ヤード(約90cm)しか離れていないところから起き上がるので、頭さえ下げていなければ、ほとんど怪我することなく安全にタックリングの基礎を学ぶことができる。タックリング技術習得の導入メニューとして、私が最も好むもののひとつだ。

今シーズンは震災の影響で練習計画の進行が遅れており、実はまだナマで当たるメニューはしていなかった。しかし、今週14日(土)に東北大学ホーネッツと合同練習を行うことが決まっており、7オン7をするとのことだったので、急遽ガンスモークでプレーヤーたちに当たりの感触を思い出させようと考えた次第。相手を打ち負かすほどのスキルやパワーはそんな短時間では身に付かないが、昨シーズンを戦ったプレーヤーたちが当たりの感触を思い出し、怪我をしない程度に当たれるようになるには、それほど時間はかからないと思う。今日の練習から短い時間のヒットメニューを加え、徐々に強い当たりを身に付けさせていこうと考えている。

1校時が始まるのは8時50分だが、私の勤務時間は8時30分から。練習開始から僅か60分過ぎた7時半頃、勤務先である土樋キャンパスへ向けて出発した。朝6時までに泉キャンパスの正門に到着するように早起きし、僅か60分程度でグラウンドを去らねばならないというのは、何ともコストパフォーマンスが低い。低すぎる! 1校時に授業が無い部員たちは、残ってそのまま練習を続けたはずだが、うーん、早く照明を直してくれないかなぁ~!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。