スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OB戦

今日の仙台は、朝早い時間は曇っていたが、日中は良く晴れて暑いぐらい。久しぶりのOB戦(現役チーム対OBチーム)開催に相応しい陽気となった。

元々は、2年ぶりの「Kayaks祭」開催を予定していたのだが、東日本大震災の影響で準備がままならず、OB戦のみの実施となった。にも関わらず、20名を越えるOB/OGが集まってくれて、活気ある1日を楽しませてもらった。

試合は、地力はOBチームの方が上回っていたように見えたが、それよりさらに加齢による衰え?が上回ったようで、現役チームが接戦を制して勝利をおさめた。審判をしてくれた先輩曰く、「KayaksのOBだけでいいチームが作れそう」とのこと。私も全く同感で、彼らが毎週日曜日だけでも集まって練習ができたら、結構な強豪チームになるのでは?!…と感じた。

現役チームは、震災の影響で練習していないのだから仕方がないが、3~4年生はそこそこ動けていたようだが、2年生はほとんど活躍できていなかったようだ。経験不足なのだから仕方ないところもあるが、1ヶ月後にオープン戦を戦うためには彼らの成長が必要で、そのための練習に相当の時間を割く必要があると感じた。

私が今年も担当するオフェンスチームについて言うと、4年間、クォーターバックとして活躍した選手が卒業し、新たにクォーターバックを育てようとした矢先に震災に会い、しかも、正クォーターバック候補が被災して未だに練習に参加できていない状況で、危機的状況にあると言える。ラインメン、レシーバー陣も手薄で、唯一ランニングバック陣だけはタレントが揃っている。クォーターバックに経験があれば、かつてのようにウィッシュボーンオフェンスも選択肢のひとつとなるが、そうもいかず、どこに活路を見いだせるのか、まだ手探り状態だ。

本日ご参加いただいたOB/OGの皆さん、それからご家族の皆さま方、震災の影響もあってお忙しい中お集まりいただき、本当にありがとうございました。満足な対応もできず失礼も多々あったことでしょうが、どうかお許しください。Kayaksは、練習場所の確保もままならず非常に厳しい状況にありますが、春のオープン戦と夏合宿を経て、リーグ戦ではKayaksの名に恥じない戦いぶりをお見せできるよう日々努力していく所存ですので、今後ともよろしくご協力くださいますようお願いいたします。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。