スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もりか

3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震以降、私が住む地域ではライフライン(電気・ガス・水道)が一時完全に遮断され、電気と水道は比較的早い段階で復旧したが、ガスの開栓には1ヶ月以上の時間がかかった。

その間、食事の支度はホットプレートやカセットガスコンロが活躍してくれたのだが、いずれも火力が弱く、不便であることに変わりはなかった。そんな中、Kayaksの同期が連絡をくれて、プロパンガスのボンベとコンロを貸してくれた。カセットガスとは火力が断然違い、ガスが復旧するまでの間、本当に大活躍してくれた。

先日ようやくガスが復旧したので、今日は中新田までプロパンガスを返しに行ってきた。ありがとね、モリ!

写真は、我が同期に懐かしい「LIQUOR SHOP もりか」。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。