スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害ボランティア体験記 その4

今日は、災害ボランティアの学生・教員をマイクロバスに乗せ、今月6日(水)と同じ、七郷・亘理方面へ行ってきた。

朝9時、土樋キャンパスに集合した学生たちをマイクロバスに乗せて出発し、七郷へ。七郷担当の学生・教員を降ろした後、引き返して亘理方面へ向かい、JR浜吉田駅で作業するお宅の方と待ち合わせ、その案内で作業場所となる個人宅へ向かった。

作業をするのは6日(水)に清掃作業をしたのと同じお宅で、今日は庭の流木やゴミ、瓦礫を撤去するという内容。津波から1ヶ月以上が経過し、しかも天気の良い日が続いたので泥はすっかり乾燥し、軽くなって運びやすいが、メガネやマスクをしていても細かい粒子が眼や鼻、口の中に入ってくる。できるだけ粒子を吸い込まないように気を付けながら、ゴミや瓦礫の撤去作業を行った。

実労働時間は2時間半程度と短いのだが、みんなでテキパキと夢中になって掃除した結果、今回もかなりの成果をあげることができたと思う。今日は女子学生の比率が高かったが、みんなできる範囲で黙々と動いていたし、男子学生も力を合わせて、大きな流木の撤去などに率先して取り組んでいた。

帰りはまた七郷を経由して学生たちを乗せ、土樋キャンパスには16時頃到着した。今回も、七郷担当のボランティアにはKayaksのトシアキとタクマがいたのだが、今日も彼らの仕事ぶりを見て、非常に嬉しく思った。というのは、今日は七郷と亘理合わせて20人ほどの学生・教職員が災害ボランティアとして活動したのだが、大学に戻ったあと、作業に使用したスコップ10数本と泥だらけの長靴10数足を水洗いしたのは、彼ら2人だけである。他の学生たちは、すぐに災害ボランティア・ステーションに戻って報告書でも書いていたのか、誰も手伝う者はいなかった。

ボラ・ステ・スタッフの指示が無かったのかもしれないが、自分が使った道具を綺麗にするのは当たり前のこと。指示が有る無しではない。それに、ボランティアとして平等に活動するとは言え、教職員が学生と共にいる以上、教育的指導がなされるのは当然のこと。ボラ・ステ・スタッフは、使った長靴とスコップは各自洗いましょう、ぐらいの指示をして当然であろう。

トシアキとタクマが冷たい水で長靴やスコップを洗っていたので、私も少しは見習おうかと(?)マイクロバスの車内清掃をすることにした。すると、驚くほど汚い! Kayaksが夏合宿や遠征でマイクロバスを借りて、この状態で返却でもしようものなら、きっともう二度と貸してはくれないだろう…というほど汚かった。作業後は着替えるなどして車内に泥を持ち込まないようにと事前に説明されているはずだが、なかなか守られてはいないようだ。丁寧に掃き掃除をして綺麗にし、それからマイクロバスのカギをボラ・ステに返却した。

今週は、3日連続でボランティアに参加する予定だったが、諸事情により明日は通常業務に戻る。そこで、昨日今日の災害ボランティアを通じて感じたことをまとめると、

まず、昨日、マイクロバス運転中に石巻市内を楽しそうに歩く若い男女や、洗車場でクルマを洗う人たちが多く目についた。私も愛車の旧車を洗車したいのだが、下水を出さないようにとガマンしてるので、余計それらが目に入ってきたのだろう。一瞬、オマエらの街を復旧するために多くのボランティアが全国から来てるのに何やってるんだ!?とカチンときてしまったが、それは私のエゴなんだとすぐに気付いた。ボランティアは自発的に来てるので、極端な話、被災地の人が遊んでいたとしても、それはそれでいいんだと思う(現実的には、そんなことないだろうし、遊んでたらボランティアは来ないと思うけど)。ボランティアに参加する人自身の自発的な思いが最も大切なんだと思う。

もうひとつは今日、仙台東部道路を通って亘理へ向かう途中の景色が、前回6日(水)とは大きく違っていて驚いた。前回は、あたり一面に瓦礫が散乱していて、どこから手をつけていいかわからないといった感じだったが、今日見てみると、瓦礫はあるにはあるが、一面に散乱しているというより、ところどころに集められた瓦礫の山ができていて、だいぶ整理が進んでいるといった感じ。もちろん、まだまだ瓦礫だらけのところが多いのだが、少しずつでも復旧作業が進んでいるんだということを実感できて嬉しかった。まだまだ完全復旧には長い時間はかかりそうだが、少しずつでも頑張って進んでいこう。

関連記事
災害ボランティア体験記 2011年4月2日(土)
災害ボランティア体験記 その2 2011年4月6日(水)
災害ボランティア体験記 その3 2011年4月14日(木)
【行程覚え書き】
09:00 土樋キャンパス出発
09:30 七郷の作業場所到着。降車後出発。東部道路
10:25 JR浜吉田駅到着
10:35 亘理到着。作業開始
14:00 作業終了
14:20 亘理出発。東部道路
15:20 七郷到着。乗車後出発
16:00 土樋キャンパス到着
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。