仙台地下鉄、29日全面再開

東日本大震災の影響で運休している仙台地下鉄台原-泉中央駅間の復旧の目途が立ったとして、今月29日(金)の始発から全線で運転を再開すると仙台市交通局が発表した。5月9日(月)からの授業開始に間に合って、泉キャンパスもひと安心だろう。JR仙石線も早く復旧すればいいなぁ。

それと、Kayaksが6月に実施予定の青山学院大学との定期戦で使用するユアテックスタジアム仙台も、被害はさほど大きくなかったようで、こちらもひと安心。

【記事】
 仙台市交通局は6日、東日本大震災の影響で運休している地下鉄南北線台原―泉中央駅間の復旧工事を約1カ月間短縮できるめどが立ったとして、29日の始発から全線で運転を再開すると発表した。
 運行ダイヤはラッシュ時を除き、おおむね通常に戻る見通し。市郊外の泉区と都心を結ぶ交通の動脈がようやく正常化。泉中央駅が最寄り駅となるユアテックスタジアム仙台で、29日に行われるサッカーJ1仙台のホーム開幕戦(浦和戦)にも間に合う形となる。
 市交通局によると、地下鉄の被害は泉区の八乙女駅周辺から泉中央駅にかけての高架区間約1キロに集中。七北田川の橋脚と八乙女駅上屋の損壊が特に激しいため、当初は5月末の全線開通を見込んでいた。
 早期復旧を模索する市交通局は、東北運輸局とJR東日本に協力を打診。新幹線高架橋の震災復旧工事でノウハウを持つJR東日本から技術的な助言と業者の仲介も受け、短期間で十分な強度が得られる工法に変更したという。復旧事業費は概算で約11億円。
 全線運転再開に伴い、台原―泉中央駅間と台原―黒松駅間で代替運行する無料バスは28日で終了する。午後8時半発となっている最終バスの運行時間の延長は、乗務員が確保できないため不可能という。

【記事】
 Jリーグの大東和美チェアマンが6日、震災後初めて仙台市に入り、J1仙台の本拠地・ユアテックスタジアム仙台やクラブハウスなどの被災状況を視察した。
 ユアスタはコンコースなどが損傷したものの、Jリーグは仙台市などと調整したうえで、試合開催が可能と判断、29日に浦和戦の会場として予定している。
 仙台の白幡洋一社長らと視察した大東チェアマンは、報道陣に対し、「スタジアムの損害は想定したほど大きくない。安全に試合ができるよう、残り3週間ほどで直していただきたい」と話し、仙台の選手たちに向けては、「被災者や国民に元気な姿を見せてもらいたい」とエールを送った。
 また、仙台やJ1鹿島、J2水戸など被災したクラブへの資金援助に関しては、「クラブからも要請や相談は受けていない」と述べた。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version