再始動

二日間の休養を終え、チームは再び始動した。
今日は午後6時からミーティング。私も定時に仕事を切り上げさせてもらい、ミーティングに参加することができた。
始めにOBが撮ってくれた日曜の試合のビデオを繰り返し見て細かなエラーをチェック。スタッフが少ない私たちのチームでは、ビデオ撮影等を含めたOB/OGのサポートが大きな助けとなる。いや、むしろOB/OGも含めてKayaksとして活動していると言った方が正確かも知れない。忙しい時間を調整して駆けつけてくれるOB/OGには本当に感謝である。

ビデオを見た後、キッキングゲームのアサイメント、オフェンスラインのステップワーク、ラインバッカーのキー、ランサポートの役割分担などを確認し、明日からの練習内容について話し合った。粘り強く最後まで戦い抜く試合を経験した選手たちは、一回り大きく成長したようだ。高いモティベーションを維持し続ける選手たちと共に試合に臨めるのは、監督としてこの上ない喜びである。

私たちKayaksは一勝すると心に強く決意した。

Where there's a will, there's a way.
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version