公認指導員講座 2/3

今日は、昨年7月から始まった「公認アメリカンフットボール指導員専門講座」の後半部分、残り3コマのうちの2コマ目を受講するため、東京は調布市飛田給(とびたきゅう)の味の素スタジアムへ行ってきた。

今日受講した講義はオフェンス。午前中がOL/TEとRB、午後がQBとWR/TEについてで、前回同様、味の素スタジアム内の東京都スポーツ振興局会議室で行われた。

昨年7月に開催された時は、2日間で4コマ中2コマを受講するというスケジュールだったが、資格取得に必要な残り3コマの受講スケジュールは、1月23日から3月5日の間の土曜日(1月23日は日曜)に自由に受講できるというもので、受講機会が増えたお陰で1コマ当たりの受講者数は減少し、今日のクラスも10名ほどの少人数で行われた。

受講機会が増えた代わりに、1コマ毎に東京へ行かなければならなくなったので、私のように遠方から受講している者にとっては交通費ばかりかかって仕方がない。東北から行ってる物好きは私と我が恩師だけのようだが、交通費の元を取るべく(?)、今日は一番前の席に座ってインストラクターの一言一句に神経を集中させた。

ファンダメンタル(基礎)と安全に重点をおいたこの講座は、戦略あるいは戦術に関する新しい情報を仕入れることはできないが、本場アメリカのユースフットボール(小学生~中学生?)のコーチたちが実際に行っている指導要領に即した内容なので、何かと参考になる。特に私は、ファンダメンタルを重視するタイプの指導者だと自負しているので、すぐにでもKayaksの練習に取り入れたい練習メニューや考え方に触れることができて心地良さすら感じてしまう。

今日(と前回)の効果測定テストに合格すれば、日本体育協会公認アメリカンフットボール指導員の資格取得に必要なのは、あと1科目。出不精なので毎月東京へ行くのは特段楽しいことではないが、あと1科目だけ、頑張って行ってこよう。

関連記事 公認指導員講座 1/3 2011年1月23日(日)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version