第64回ライスボウル

東京ドームで行われたアメリカンフットボール日本選手権第64回ライスボウルは、社会人王者オービックシーガルズが24-0で学生王者立命館大学パンサーズを下し、5年ぶり4回目の優勝を決めた。

大きな点差が開かなかったのは、オービックのオフェンスが多少調子が悪かったこともあろうが、立命館ディフェンスの強さが際立っていたと言えるだろう。立命オフェンスは無得点に終わったが、これはオービックディフェンスの強さもさることながら、立命オフェンスが浮き足立っていた印象が強い。学生王者にとっては悔しい内容の試合だった。

さて、点差は開かなかったが、やはり社会人と学生の力の差は相当大きいと感じた。もはや、日本選手権として社会人王者と学生王者が対戦する時代は終わっているのではないだろうか? 個々人のヒットの強さは立命館の選手も決して引けを取らなかったが、チームとしての力の差は歴然としていて、見ていて面白かったかと言われると、ワクワクするような興奮は得られなかったというのが正直なところ。社会人アメリカンフットボール(Xリーグ)が様々な逆風にさらされながらもしっかりと成長してきたということで、学生チームと日本一を賭けて対戦する意味はもう無くなったのではないだろうか?

ところで、オービックの最初のタッチダウンを決めたワイドレシーバー萩山竜馬選手は東北大学ホーネッツ出身で、昨シーズンから母校のヘッドコーチも務めている。彼の活躍はホーネッツのみならず、東北学生リーグに所属する各チームの選手たちにとって大いに励みとなったに違いない。彼に優るとも劣らない活躍を、今シーズンの東北学生リーグの各選手が見せてくれることを期待している。

  • アメリカンフットボール日本選手権 第64回ライスボウル by プルデンシャル生命オフィシャルサイト
  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version