打ち合わせ三昧

今日は勤務が午後からだったことをいいことに、午前中はストレングスコーチの澤野さん、昼過ぎからはHALEOでお馴染みのボディプラスさんをお伺いして、Kayaksの活動に関する打ち合わせを行った。

澤野さんとは、ポストシーズンからオフシーズンにかけての練習計画について打ち合わせた。
具体的な内容は例によってマル秘だが、私がこの20年ほどの間試行錯誤してきた年間計画を格段にブラッシュアップする内容。目からウロコ…というほどではないが、しっかりとした理論に基づいた提案なので、早速、これを実施する方向で検討することにした。若干、先日のミーティング内容から変更しなければならなくなるが、良いモノを知ってそれを見過ごしておくことはできない。臨機応変に対応できる柔軟性はいつも重要である。2011年シーズンの期分けが確定したら、これまでと大きな変更は無いだろうが、ご紹介しよう。

さて、午後は、先日の「HALEO SENDAI BOWL」でスポンサーとなっていただいた(株)ボディプラスインターナショナルを部員数名と共にお伺いし、サプリメントに関するセミナーを開催していただいた。一般的な考え方に加え、ボディプラスさんの商品でどれが効果的か、などを分かりやすく説明いただいた後、Kayaksで現在検討中のサプリ摂取についてざっくばらんに相談した。

Kayaksでは、これまでクラブとしてサプリ摂取を制度化しておらず、プロテインの摂取なども個人の自由に任せてきた。しかし、来シーズンから1部リーグを戦うにあたり、サプリ摂取はもはや必須であろうと考え、経済的な負担が新たに部員たちに圧し掛かるのでどこまで強制できるか分からないが、とりあえず制度化、つまり全選手が何らかのサプリメントを摂取しなければならない取り決めにしようと考えた。

先日のミーティングで部員たちもこの件を了解してくれたので、今日はボディプラスさんにこちらの条件を提示し、ボディプラスさんが望ましいと考えるサプリの摂取法について提案をしてもらうことにした。まだ、ボディプラスインターナショナルから商品を購入することに決まった訳ではないが、既に、他大学ではボディプラスのサプリを取り入れているようなので、Kayaksも遅ればせながら仲間入りすることになるかもしれない。

打ち合わせ中、少々気になることがあった。
今シーズンのリーグ戦でハーフタイムにマネージャーが選手たちにチョコレートを配り、それを食べていたというのだ。夏の暑い最中、水分補給の重要性を説いた時に、なぜスポーツドリンクの濃度を適正にしなければならないかを説明したはずなのに、それを応用せずに糖分を摂取していたとは、正直愕然とした。私が気付かないところでいろいろなことが起こっているのだなぁ。

打ち合わせを終え(若干遅刻して)出勤したのだが、今日はKayaksの活動に関して有意義な打ち合わせをたくさんすることができて楽しかった。

ちなみに…
ボディプラスさんをご紹介くださったのは、いつも私たちがお世話になっているKayaks OB/OG会副会長の高橋公晴先輩だ。いつもありがとうございます!

  • BODYPLUS GROUP 株式会社ボディプラスインターナショナル

  • 関連記事
    アメリカンフットボールファンの皆様へ 2010年12月2日(木)
    適切な水分補給 2010年8月10日(火)
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version