光のページェント休止

昨日、仕事を終えて帰る途中、いつもならSENDAI光のページェントの影響で渋滞気味の交差点がいやにスムーズに流れているなぁと思ったら、14日(火)夜、2本のケヤキに取り付けられた整流器が燃えた火災の影響で昨日から点灯を休止しているとのこと。

  • 光のページェント初の休止 配電盤火災、20日にも復旧 (河北新報)
  • 【記事】
     仙台市青葉区の定禅寺通で開催中の「2010SENDAI光のページェント」(実行委員会主催)で14日夜、2本のケヤキに取り付けられた配電盤などが相次いで燃えた火災があった。実行委は15日、仙台市消防局と原因調査を行い、安全が確認されるまで、イルミネーションの点灯を当面見合わせることを決めた。ことしで25回目を迎えるページェントが休止するのは初めて。
     仙台市役所で記者会見した瀬戸敏之委員長ら実行委メンバーは「大勢の市民や観光客に心配や迷惑をかけて申し訳ない」と陳謝。安全が確認できたエリアから順次点灯を再開していく方針を示し、「早ければ2~3日中に部分的に再開し、20日までには完全復旧したい」と述べた。
     市消防局などによると、交流電流を直流に変換する整流器(縦6センチ、横3センチ、厚さ1.5センチ)が内部でショートしたのが原因とみられる。広島県東広島市のメーカーの製品で、ハンダ溶接が過剰に盛られた部分があったという。
     実行委によると、整流器は配電盤とLEDをつないでおり、ページェントではLEDを部分導入した昨年から使われている。
     今回は使用する55万個の電球全てをLEDに交換。160本のケヤキに約16000個の整流器を付けた。
     出火したのが今回初めて使用した整流器だったことから、実行委はことし導入した約1070個を全て交換するほか、昨年も使用した約530個を点検する。
     14日夜は午後6時5分ごろと午後9時15分ごろの2回、青葉区立町の別々のケヤキに取り付けられた配電盤からそれぞれ出火。実行委のメンバーらによってすぐ消し止められ、けが人はなかった。
     実行委は2度目の火災後の午後9時半、安全確保のため点灯を打ち切った。(以下略)

  • 光のページェント休止「週末再開を」商店、集客への影響心配 (河北新報)
  • 【記事】
     冬の仙台の風物詩「2010SENDAI光のページェント」(実行委員会主催)が、25年目の節目に初めて中断に追い込まれた。休止が決まった15日、光る並木を楽しみにして訪れた観光客は落胆の表情を見せ、商店では集客への影響を不安視する声が相次いだ。
     記者会見で陳謝した実行委の亀岡幸康副委員長は「安全安心の中で続けてきた。楽しみにしてくれている人には申し訳ないが、安全が確認できてから再開したい」と休止決定に理解を求めた。(以下略)


    実行委の亀岡幸康副委員長は我がKayaks OBで私も大変お世話になっている。亀岡先輩、頑張ってください!

  • 2010SENDAI光のページェント
  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version