リーグ戦を振り返って

Kayaksは一昨日の北里大学獣医学部カウボーイズ戦を以ってリーグ戦全日程を終了した。結果は、不戦勝(東北工業大学ブルーレイダーズ戦)を含んで4戦全勝。東北学生2部リーグで2年連続の全勝優勝を果たした。優勝したことは間違いなく嬉しいが、やはりその先に「1部昇格」という大きな目標があるので、心から喜べない。というか、まだ、喜べない。

23日(火)勤労感謝の日の入れ替え戦まであと18日。今週は明日まで練習を全休にしたので、練習は回数にして11~12回ほどしかない。私は、暇さえあれば試合のDVDを見て対戦相手の分析を試みているが、入れ替え戦で戦う弘前大学スターキングのDVDを見る前に、Kayaksの戦いぶりを改めて振り返ってみた。

初戦(山形大学トムキャッツ戦)は若い選手たちを多く起用し、それでも53-0という大差で勝利を得ることができた。この試合は、若い選手たちが公式戦を経験することができた、という点においては大変意義ある試合だった。

2戦目(日本大学工学部クロウジャッケルズ戦)は前半を0-0で折り返しながら、後半は4つのタッチダウン(オフェンスが奪ったタッチダウンは3つ)を奪って28-0で勝利した。この試合、リーグ戦が終了した今だから言えることだが、前半はとにかくパスを試すことに終始した。すなわち、その後の試合でどのパスがどれだけ通用するかを確認したかったという訳。その結果、残念ながらパスについては完成度が著しく低いことが分かり、後半は得意なランプレーでゲームを組み立てたのでタッチダウンできたということ。ランとパスのバランスが良いフットボールを今シーズンは目指していたのだが、それが上手くいかず、この時点で3戦目の苦戦は大いに予想できた。

しかし、2戦目で苦しい展開の試合を制した経験が3戦目で活きた。選手たちの誰もが、例え苦戦しても、試合が終了した時点で相手より得点が上回っているのは自分たちKayaksだと信じていた。今シーズンのリーグ戦で初めて7-10と追う立場になった時も、誰ひとりとして自信を失ったり、自分たちの勝利を疑う者はいなかった。

その3戦目(北里大学獣医学部カウボーイズ戦)。リーグ戦最終戦にして全勝同士の言わば決勝戦は、本当に厳しい試合だった。だが、冷静にあとから振り返ってみると、ファンブルやインターセプトでボールを失って苦戦したものの、オフェンスチームのドライブはなかなか見事だった。ラッキーな面もあったが、我慢強く最後まで全力で戦い抜こうとした姿勢が、結果として相手を上回る得点をチームにもたらした。ファンブルやインターセプトという大きなミスがKayaksの得点チャンスに起こったため、悪いイメージばかりが強く残ってしまったとも言える。実は、Kayaksのオフェンスチームにも良い部分がたくさんあった。

しかし、オフェンスチームがボールを失っては、やはりいけない。ここ何シーズンか、常にボールセキュリティの甘さをOBたちから指摘されてきた。選手たちも自ら意識して改善に取り組み、だいぶ良くなったと思ったのだが、北里大学獣医学部のタックルは本当に強くて上手かった。特にディフェンスバックは、激しくヒットすると同時にボールをかき出そうとして、まるでNFL! だからKayaksがファンブルしても仕方がない…とは言わないが、相手が一枚上手だったというのは認めざるを得ない事実だろう。

さて、今シーズンも残るは1部リーグ順列5位の弘前大学との入れ替え戦のみとなった。奇しくも、昨シーズンの入れ替え戦と同じ対戦カード。否が応にも、あのラスト4秒を思い出し、雪辱に熱く魂が燃えてくる。練習回数は残り10回程度。やるべきことは、ボールを失わないことと、速く強く前に縦に突き進むこと。そう。煮詰めていくと最後に残るのはファンダメンタル…「基本」なのだ。基本的な技術や基本的な戦術をもう一度おさらいし、万全を期して試合に臨もう。頑張っていこう!Kayaks!

関連記事
対山形大学戦 2010年9月5日(日) 今シーズンのリーグ戦初戦。
対日本大学工学部戦 2010年10月17日(日) 今シーズンのリーグ戦第2戦。
対北里大学獣医学部戦 2010年11月3日(水) 今シーズンのリーグ戦第3戦(最終戦)。
平成22年度リーグ戦結果 2010年11月4日(木)

昨シーズンの入れ替え戦 関連記事(←読んでると熱く燃えてくるッ!)
対弘前大学戦(速報) 2009年11月23日(月)
気分転換中?! 2009年11月24日(火)
いつ立ち上がる? 2009年11月27日(金)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version