他チームの状況など

初戦から1ヶ月が経ったKayaksだが、2戦目まではまだ何と10日余りもあり、あまりにも長く間隔が開きすぎて精神的にダラケてしまいそうだが、幸いにも初戦の内容が悪すぎたので、ここまではどうにか上手くチームの集中力を保たせることができていると感じている。

さて、私は今日も残念ながら仕事が遅番で練習には行けず…
何かネタは無いかと探したワケでもないが、他チームの状況などを綴ってみよう。

まずは同じ東北学生リーグの1部リーグ。
ご存知のとおり、昨年は4位に甘んじた東北大学ホーネッツが開幕から3連勝で早くも優勝を決め、初のクラッシュ進出を決めた。
一方、秋田大学オーガーズと弘前大学スターキングは、フットボールには珍しいスコアレスドローで分け、まだ互いに勝ち星無し。昨シーズンの覇者仙台大学シルバーファルコンズと岩手大学バイソンズは共に1勝1敗で、次節10月11日(月)に秋大、弘大とそれぞれ戦う。弘大は前節の東北大戦を人数不足で途中棄権したが、果たしてどれだけチーム力を回復できたか興味深い。

さて、今年7月にKayaks創部35周年記念試合としてユアテックスタジアム仙台で定期戦を戦った北海学園大学ゴールデンベアーズ。北海道学生1部リーグ所属の強豪だが、今年は出足こそ2連敗でつまづいたが、その後2連勝で盛り返し、10月17日(日)の札幌大学戦が最終戦となる。最終戦を勝利で飾り、順位を少しでも上げることができるように心から応援したい。
ちなみに、北海道学生1部リーグは昨シーズンの覇者小樽商科大学が現在全勝で、1敗で北星学園大学が追っている状態。11日(月)の札幌学院大学戦に北星が敗れれば樽商の優勝が決まり、北星が勝った場合、17日(日)の北大戦で樽商が勝てばやはり優勝、敗れればプレーオフとなる(…だよね?)。

  • 北海道学生アメリカンフットボール連盟
  • 北海学園大学体育会アメリカンフットボール部ゴールデンベアーズ オフィシャルサイト

  • 本学は北海学園大学のほかに、青山学院大学とも定期戦を毎年行っている。Kayaksはしばらく青学とは定期戦を行っていないが、実は今年の6月、出張で青山学院大学を訪れた際にフットボール部の監督さんにご挨拶をして、定期戦復活を打診してきた。まだ何とも言えないが、本学としては前向きに定期戦復活を検討していきたいと考えている。
    で、その青山学院大学ライトニング。現在、関東学生2部リーグBブロックに所属している。昨シーズンは、専修大学と1部2部入れ替え戦を戦って惜敗、1部昇格を逃したが、今シーズンはこれまで3戦全敗と苦しんでいる様子。残り4試合に全力を尽くして欲しい。

    青山学院大学ライトニングと言えば、去る8月3日(火)、Xリーグ2部の相模原ライズと協力関係を築いていくことで合意し、記者会見を行っている。オンワード・スカイラークスとして日本一となった翌々シーズンに活動停止(停止時はオンワード・オークス)という悲惨な経験を乗り越え、クラブ結成から3年で日本一になることを目指している相模原ライズとの提携は、青学にとってまたとないチャンスと言えよう。私が6月に青学を訪れた時も、実は3名ほどの相模原ライズ関係者が監督さんと打合せに来られていた。来シーズン、青学との定期戦が復活すれば実際に戦う訳で、相模原ライズと協力関係にあるチームと戦うというのは、なかなか興味深い。

  • 関東学生アメリカンフットボール連盟公式ホームページ
  • 青山学院大学体育会アメリカンフットボール部LIGHTNING
  • 青山学院大学と相模原ライズ(旧オンワードオークス)の合意調印式・記者会見が行われました (青山学院大学公式サイト)

  • 最後に、Kayaksが所属する東北学生2部リーグについて。
    ここ数年、Kayaksが合同練習やスクリメージを行うなどして積極的に交流してきた東北工業大学ブルーレイダーズが、選手数不足で今シーズンのリーグ戦全試合を棄権したのは本当に残念だった。是非とも部員を集め、再びしのぎを削りあえるように頑張って欲しい。
    さて、工大の棄権により、2部リーグは僅か3試合で日程を終了することになった。1年間頑張ってきた結果を僅か3試合でしか表現できないというのは何とも悔しい気持ちだが、リーグ編成を考えると致し方ないところ。現在のところ、日本大学工学部クロウジャッケルズと山形大学トムキャッツが2試合を終え、それぞれ1勝1敗と2敗の成績。Kayaksと北里大学獣医学部カウボーイズは、まだ1試合のみ戦って共に1勝である。勝ち点2でKayaks、北里、日工が並んでいるが、1敗の日工がやや不利か。
    次節10月17日(日)、今シーズン初めて、2部リーグで1日2試合が行われる。第1試合が北里対山大、第2試合がKayaks対日工だ。冒頭にも書いたとおり、Kayaksは1ヶ月以上のブランクを経てリーグ戦2試合目を戦う訳で、試合慣れしているであろう日工に苦戦することは予想しているが、万全の準備を整えて試合に臨むつもり。皆さん、どうぞご声援ください!

    関連記事 平成22年度リーグ戦結果(中間報告)2010年10月5日(火)
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version