ジャズフェス

今週末の土日、毎年この時期に開催されている「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」が開催される。学内外の知人がこれまでも参加してきたが、20回目を迎える今回、Kayaksの2年先輩である田中康嗣先輩がゴスペルバンドを率いて参加されるという連絡をいただいた。

田中先輩は私が1年の時の3年生で、攻守ラインを兼任し、4年次には副将を務められて、私の記憶ではディフェンスプレーを全て作成されていた。田中先輩が作成したスタンツ(ディフェンスの作戦)のいくつかは、今もそのままの呼び名・動き方で使われている。
当時、100kgを超えるであろう巨漢ながらランニングバック並みのスピードを持っていて、田中先輩よりさらに1学年上の荒木先輩が左のオフェンスタックル、右が田中先輩で、おふたりのブロック力は当時の東北学生リーグで文字どおり群を抜いていた。5-2ディフェンスが主流だったが、おふたりの対面はプレー終了のホイッスルを審判が吹くまで、10ヤードも20ヤードも押され続けていた。1年坊主でフットボールのフの字も知らなかった私の目には、その迫力が悪夢のように焼き付き(笑)、指導者となった今もKayaksのラインメンに求めるのは、自分自身では為し得なかった、あの凄まじいまでのブロック力なのである。

(ちなみに、Kayaksが強力ラインメンを多数擁していたあの頃、私たち下級生ラインメンは、田中先輩たちと当たらなくて済む試合が楽でラクで仕方なかった。毎日でも試合していたかったほど…?!)

卒業後、田中先輩は日産パルサーズ(当時。後の日産スカイライナーズ。2006年限りで廃部)でディフェンスラインとして活躍された後、帰仙。我がKayaksの監督となられてXリーグでの経験を活かし、関東学生1部リーグの立教大学ラッシャーズを破るなどした。現在は山形県で牧師修行をされており、同時にゴスペル音楽を広く一般化する目的でバンドを結成され、教会内外で演奏されているとのこと。

そして、今週末、20回目を迎える「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」でゴスペル音楽を演奏されることになった。ジャズファン、ゴスペルファンの皆さんはもちろん、KayaksのOB/OG、Kayaksファン、フットボールファンの皆さんにも、是非とも田中先輩渾身の演奏をお聞きいただきたい。田中先輩率いるゴスペルバンド「クリスクロス」の演奏日時と場所は次のとおり。

9月11日(土) 16:40~17:20 マークワンスクエア1 ゴスペルステージ (仙台駅西口北側 仙台PARCO1階)


ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version