スクリメージ(対福島ピッグスキンズ)

昨日、7月25日(日)はKayaksの前期の活動最終日。連日33℃、34℃という暑い日が続く仙台だが、比較的涼しい風が吹く中(それでも最高気温は32.7℃!)、前期のしめくくりとして社会人チームの強豪、福島ピッグスキンズを泉キャンパスに招いてスクリメージを行った。

熱中症対策として、15時から12分ぶっこみという非常に短い時間で4クォーターを戦ったが(第2、第4クォーターは8分ぶっこみ+2分正式計時)、Kayaksは完全に力負け。大量得点を奪われた、というほどではないが、得点の上でも内容的にも、Kayaksは完敗した。

そうした中、大きな収穫もあった。
昨日のスクリメージでは、1年生を試合デビューさせるということをひとつの目的としていたのだが、大きなケガをすることなく、皆デビューすることができた。キラリと光る逸材は残念ながら見つけられなかったが、皆そこそこ及第点のプレーをしていた。何となくこじんまりした印象ではあったが、夏のオフに入る前に試合を経験できたのは、8月中旬から始まる夏練習をする上で、大きな意味合いを持つ。全員が試合を経験できたというのは、大きな収穫だったと言えよう。

今回のスクリメージは日程の決定がだいぶ遅かったため、オフィシャル(審判)の都合がつかず、それでも3名の方に来ていただくことができた。それで私も急遽オフィシャル入り。黒い帽子をお借りして、ラインジャッジをさせていただいた。これがなかなか楽しく、「転職」しようかと考えたほど?! 暑い中、笛を吹いていただいたオフィシャルの皆さん、ありがとうございました。

  • 福島ピッグスキンズ


  • スクリメージ終了後、観戦いただいていたOB/OG会役員とコーチングスタッフで前期活動の総括を行った。
    これについては、また後ほどご報告。
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version