岩大戦への想い

いよいよ明日は、1部リーグの強豪、岩手大学バイソンズとのオープン戦が泉キャンパスで行われる。この試合、私にとって、どうしてもやりたい対戦のひとつであった。

というのは、今の4年生たちが1年生の時、彼らに初めてホンモノのアメリカンフットボールを見せてくれたのが、岩手大学バイソンズだったからだ。「どうしても彼らが卒業するまでに岩手大学と試合をさせたい」と思い続け、残念ながら昨シーズンの入れ替え戦で敗れたため公式戦で戦わせてあげることはできなくなったが、こうしてオープン戦とは言え、岩手大学さんと試合を組ませていただくことができ、3年前に自分たちが目を丸くして見つめていた強豪校を相手にチャレンジする機会を得ることができて、本当に嬉しい。

試合前日である今日の練習には残念ながら仕事の都合で行けなかったが、きっと良い状態で準備を終えたに違いない。オープン戦3試合の反省を活かし、ファンダメンタルを重視した戦い方で全力を尽くして欲しい。若干気になるのは、試合のための練習がおそらくあまりできていなかった点。一昨日の練習でも少し感じたが、自己満足で完結させてしまっていて、練習のための練習になっていたところがあるようだ。一昨日の練習でどこまで気付いてくれただろうか?

今シーズン、岩手大学は不運続きでオープン戦の勝ち星に恵まれていないが、東北リーグ随一の実力校であることは明らかな事実。その岩大を相手に、Kayaksは先の仙台大学戦の時のように自ら諦めて自滅するのか、あるいは、我慢して自分たちが為すべきことを最後までやり遂げるのか。Kayaksの戦いぶりに注目いただきたい。

関連記事 1部リーグの試合を観て 2007年9月19日(水) …今の4年生たちが1年生の頃の話。


【次戦のご案内】
オープン戦

7月18日(日)14:30 対岩手大学バイソンズ戦 @泉キャンパスグラウンド
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version