講習会2日目

「公認アメリカンフットボール指導員講習会」の専門科目、2日目。

11日(日)は、スペシャルチームに関する講義を受講した。
アメリカンフットボールというと、フォワードパスに象徴される華やかなオフェンスプレーや激しいタックルで相手を懲らしめるディフェンスプレーがすぐに連想されるが、実はパントやキックオフといったスペシャルチームの成功なくして勝利をチームにもたらすことは非常に困難だと言える。それで、私は今回、オフェンスやディフェンスといった科目を受講せず、敢えて、初日に受講した練習計画などチームのマネジメントに関する科目と、スペシャルチームに関する科目を希望して受講した訳である。

もちろん、今回の講習会は、戦術的な向上を目的として開催された訳ではなく、安全に選手たちを指導するためのひとつの方法論を共通認識として持ちましょう、といった意味合いで開催されているので、例えば、すぐにリーグ戦で使える優れたプレーを学べた訳ではないが、自分たちのチームの戦術をより安全に選手たちに習得させる方法は学ぶことができた。

2日目は、我が恩師も同じ教室で受講していて、初日は休憩時間に僅かに話しただけだったが、2日目は一緒に昼食を取りながら(コンビニ弁当だったが!)いろいろとためになる話を聞かせていただいた。相変わらず、追い掛けど全く背中が見えてこない。良き師にめぐり会えた。

さて、2日間の講習を終え、次回は来年2月に開催予定とのこと。残りの科目をその時に受講するつもりだ。
また、日本体育協会主催の共通講座Iが9月から11月にかけてあり、毎月レポートを提出することになるらしい。そちらも受講予定である。

  • (社)日本アメリカンフットボール協会
  • (財)日本体育協会

  • 関連記事 講習会1日目 2010年7月10日(土)
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version