遠く険しい

200509251.jpg勝利への道は遠く険しい。

昨夜から降り続く雨でグラウンドは最悪の状態。また、時折強く降る雨はプレーの選択に大きな影響を与える。
第1Qは一進一退の攻防。選手たちは素晴らしい集中力を見せてくれる。続く第2Qは、やや押され気味ながらもディフェンスが粘り強く守る。ハーフタイムで逆転勝利を信じ後半に臨んだが、途中やや集中力を欠くと共に相手にウィークポイントを攻められ、意外なほどの大差で試合に敗れた。

試合の始めから終わりまで、あるいは1プレーの始めから終わりまで集中し続けて、練習の成果を発揮できるチームが勝利を手にすることが出来る。私たちのチームは、まだ「練習の成果を発揮する」という意味を理解出来ていないのかも知れない。練習と同じ失敗をしていては試合に勝つことは出来ないのである。

しかし、今日は悪い試合では無かった。
劣勢になっても投げ出さず、選手たちはよく我慢し、懸命に自分たちのプレーを遂行しようとチャレンジし続けた。途中やや集中力を欠き、ロングゲインを奪われたこととゲームプラン通りの流れを作れなかったことは残念だが、最後まで胸を張って頑張った選手たちは敗戦を悔やんでも恥じることは無い。
こうした良い経験を重ねていけば、どんなに遠く険しい道のりもやがて乗り越え、勝利を手にすることが出来るはずだと信じている。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version