ポストシーズンの予定

昨日9日(水)、18時半から泉キャンパスでミーティングを行った。
毎年この時期から来春の全体練習開始までをKayaksでは「ポストシーズン」と呼んで心身の疲労を取り除くと共に、集中して基礎体力作りに励むが、昨日のミーティングでその練習計画を以下のとおり決定した。

  • ポストシーズン中は月・水・土曜日を全体練習日とし、17時から泉キャンパスの体育館でウェイトトレーニングを行う(時間は予定)。それ以外の日は自主トレとする。
  • 年内の活動は21日(月)までで、以降は自主トレ期間とする。
  • 年明け最初の集合日は2010年1月4日(月)の授業開始日で、18時半からミーティングを行う。
  • 年明け後のウェイトトレーニングは1月6日(水)から再開する。なお、6日(水)は記録会とする。
  • 1月の詳しい練習計画、春の全体練習開始日についての詳細は、1月4日(月)のミーティングで決定する。

  • また、選手たちがウェイトトレーニングに励んでいる時間、マネージャーたちは集まって、自分たちが日頃撮影しているビデオを見ながら勉強会を開くとのこと。これは本当に嬉しい提案で、Kayaksがさらに上を目指すために必要不可欠なこと。トップダウンの指示ではなく、自発的な提案だったことが非常に嬉しい。

    さて、ウェイトトレーニングのメニューについて、詳細は「自粛」させていただくが、フリーウェイトによるBIG3を私は重視している。すなわち、デッドリフト、ベンチプレス、スクワットだ。これらを中心に、筋肥大を目的としたメニューを組んでいる。ウェイトトレーニングについては科学的理論が種々確立されているが、私は負荷・回数・時間を特に重視し、逆に具体的な方法についてはある程度選手たちの自主性に任せることにしている。

    本格的にウェイトトレーニングに取り組んでから、選手たちの負傷は圧倒的に減少し、当然のことながらパフォーマンスは向上している。今ポストシーズンは特に「東北随一の基礎体力」を目指す土台作りを選手たちに課題として与えた。まだ、11月23日の悲劇を引きずっている選手もいるようだが、それはそれでいい。しかし、来春の全体練習開始日に土台がしっかりできていなければ、その選手はチームから落伍していくことだろう。そうならないように、自分たちで徐々にで良いから気持ちをしっかり切り替えて、来るべき新しいシーズンに再び燃えるような勝利への欲望を持って集まって欲しいと強く願っている。

    今ポストシーズンの「ウェイト隊長」は、私も背負っていた「79」を引き継いだU平が自ら手を上げて引き受けてくれた。彼には、新3年生ながらこれまた私も4年次に副将と共に担っていたチームの風紀委員(…って今もあるのかな?)である「統制」を任命している。彼なら必ずやKayaksを「東北随一の基礎体力」を持つチームへと導いてくれるだろう。(とプレッシャーを与えておこう!)

    期待してるぞ、U平!
    頑張ろう!Kayaks!
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version