賢くなれよ

昨夜から降り出した雨は日中相当強く降り、夕方にはほとんど止んだのだが、水が浮いてしまったグラウンドは使用不可とのことで、今日の練習はやむなくミーティングに変更した。入れ替え戦を前に、1回の練習の重みはますます増していく。今週来週と雨の予報が多いだけに、不安を感じずにはいられない状況だ。

グラウンドの使用をめぐって、管理センターの職員(本学の委託業者)と部員がモメたらしい。連絡をくれた部員曰く、声を荒げて使用不可と告げられたらしい。その場にいた訳ではないので状況が正確にはわからないが、この場合はKayaksの部員にもう少し大人になって欲しいというか、賢くなって欲しいと感じた。

部員の言い分としては、以前は雨の日でも「自己責任で」という条件付きでグラウンドの端の方を使わせてもらっていたから、今日も使わせて欲しいと言ったというのだが、今日は使用不可と言われたのだから仕方がない。条件付きでも使用可と、使用不可では全く違う。当たり前のことなのに、なぜそれでも使わせてくれと言ったのか理解に苦しむ。担当の委託業者が声を荒げたくなる気持ちもわかるというもの。

もちろん、私が原則として雨が降ろうが嵐になろうが練習はグラウンドで行う!と常々宣言しているから、部員はそれに従ったのだろうが、管理者側が使用不可と言ってる以上、いくら私がグラウンドで…と言ったってできるはずがない。そうした判断ができないようでは、厳しい言い方をすればフットボールにおいても正しい判断に基づくプレーができるとは思えないし、卒業後社会に出ても正しい判断に基づく行動ができるとは思えない。

入れ替え戦まであと12日。
そうした部分の成長も含めて、明日からの練習の重みがますます増してきたようだ。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version