バックアップQB

20091030084324今日は3年生対象の就職ガイダンスがあったとのことで、3年生数名が練習に来れなかった。クォーターバックも来れなかったため、1年生のバックアップQB(控えクォーターバック)がオフェンスメインのドリルを仕切ることになった。

バックアップQBの大切さを、私たちKayaksは昨シーズン痛いほど思い知らされた。というのも、昨年、クォーターバックが試合中に負傷して、大事な最終戦を欠場しなければならなくなったからである。急遽控えのクォーターバックを育てたのだが時すでに遅し…。彼は彼なりに努力して良いプレーも随所に見られたが、付け焼き刃に違いはなく、最終戦に敗れて、Kayaksは1部リーグとの入れ替え戦出場を逃したという訳だ。

前節の対北里大学獣医学部戦でも、実は北里大のクォーターバックはそれまでの試合で大活躍していた左利きの選手ではなかった。そのお陰もあってKayaksは零封で勝てたのだとも言う人もいるだろうが、万全を期してお互い試合に臨んでいるのであって、昨シーズンの最終戦の敗戦を控えクォーターバックのせいにするつもりなどさらさらないし、同様に、北里戦の零封勝利を相手のお陰と謙遜する必要など全く無いと私は思っている。

さて、1年生の今年のバックアップQB。
正確に言うと、彼は控えの控えというか、元々のバックアップQBは怪我で戦列を離れているため、本来レシーバーでありながら控えのクォーターバックとして練習もしているというなかなかのアスリートだ。ただし、これまでクォーターバックとしてじっくり練習してきたとは言えないので、今日のように正クォーターバックがいない日は、彼にとっては絶好のチャンスだと言えよう。

ドリルでベースプレーを何度も何度も繰り返し、何とか動きが様になってきた。次戦での活躍もあるかもしれない!?
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version