よりハードに

18日の対北里大学獣医学部戦のあとでは、今日が最初のグラウンド練習日。昨日のミーティングを仕事で欠席したので、今日は万難を排して練習に臨んだ。

前の試合、北里戦はクドいようだがディフェンスの勝利。オフェンスは確かに我慢比べに勝って得点できたのは褒めても良いが、自分たちが得意とするプレーをほとんど完封されてしまったため、後味の悪い勝利となった。

何とかオフェンスを立て直そうとずっと北里戦のビデオを見ていたが、いくつか修正すべき点が見つかったので、早速今日の練習で取りかかることにした。

戦術的な話になるので、さすがにここで全てを公開する訳にはいかないが、単純に言えば、よりハードにプレーしよう、ということ。例えばラインメンなら、よりハードにヒットし、よりハードにドライブしよう、ということ。あるいはまた、アサイメント(役割)をより忠実に遂行しようということとも言える。当たり前のことだが、それが北里戦ではできずにいた。だから苦戦したのだ。

全体的にプレーの展開を早め、よりアグレッシブなプレースタイルとなるようにも修正した。クォーターバックが言うには、これまでの考え方を全て捨てなければならない、とのこと。そこまでして…という気持ちも無い訳では無いが、そこまでしなければ、オフェンスチームの立て直しは図れない。

今日は特にベースプレーにこだわり、同じプレーを何度も何度も繰り返し行って、プレーの意図から個々のスキルまでを凝縮して選手たちに伝えた。ドリル開始当初はなかなか上手くプレーを展開できずイライラした様子のクォーターバックも徐々に慣れ始め、後半はそこそこボールを前進させることができるようになった。

リーグ戦もいよいよ最終戦。やり残したことが無いように、きっちり仕上げていくつもりだ。

関連記事 対北里大学獣医学部戦 2009年10月18日(日)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version