ギプス取りました

今日は約1ヶ月ぶりの左手の診察日。
おそらく今日でギプスが取れるということで、ウキウキしながら予約時間前に病院へ行ったのに、今日はそこでとんでもないイヤな思いをしてしまった。というのも…

ここから先はたぶん愚痴です。
きっと愚痴です。
いや、完全なる愚痴です。
読んで不快になる可能性もありますので、自己責任で?読んでください。
今日は朝8時50分の診察予約だった。仙台北環状線から少し入ったところにある■整形外科病院に着いたのは、予約時間の少し前。診察券を受付に渡して待合室で待った。

ほどなくしてレントゲン撮影に呼ばれた。時間予約ながら待たされることが多いこの病院にしては珍しく早い、とちょっと喜びながら、いつもどおり左手の写真を4枚撮影した。その後待合室に戻って待ったのだが、いつまで経っても診察の順番がやってこない。実は前回までの診察でも2~3時間待たされることがあり、その時は「○○さん、△△さん、▽▽さん、の順でお呼びします」などと看護士さんが教えてくれていた。なので今日はレントゲン撮影で一度呼ばれているし、診察の順番待ちだから仕方ない…とイライラしつつも待ってたのだが、全く呼ばれる気配も無く、予約時間から3時間近くも経過してしまった。これはいくら何でも待たされ過ぎだ、と足早に歩いてなかなか声を掛けるのが難しい看護士を捕まえ、「あとどれくらいかかりますか?」と言って名乗ったところ…

「何時ごろ来られましたか? カルテが回って来てないのですが?」と私よりやや年上と思われる女性の看護士。
いやいや、ちゃんと予約時間前に来て、レントゲン撮影も終わってますよ、と言うと、
「そんなに長く待っちゃダメ! 待たされてるって言わなきゃダメ!」と、まるで母親に叱られる小学生のように強い口調でたしなめられた。

これにはグラウンド以外では温厚でおとなしい?!私もカチンと来た。
「ちょっと待ってください。予約時間を過ぎてレントゲンにも呼ばれなければ、こんなに長く待ちませんよ。レントゲンは撮ったから診察の順番を待ってたんです。それにカルテが回って来てないのはそちらの不手際でしょ? 何で私があなたにダメ呼ばわりされなきゃないんですか?」

するとその看護士は、
「もう先生は手術に入ってしまったので、午後は14時半からですから、どうですか? どうしてカルテが回って来なかったのか… あとで調べてみますが… 今日が無理なら次回はいつならいいですか?」
と、カルテが行方不明になった不手際と私をダメ呼ばわりしたことを一向に謝ろうとはしない。

そりゃ、3時間近くも待った私はかなりノンビリ屋で「ダメ」な部類かもしれないが、例えば呼ばれたのに私が気付かなかったとかいうならいざ知らず、自分たちでミスを犯しておきながら謝りもせず患者すなわち客をダメ呼ばわりするとは…やっぱり許せん!

「もういいです。カルテと診察券は適当に処分してください」と言って帰ってきてしまった。

思い起こしてみれば、ある日の診察では、まだレントゲンを撮影せずに診察室に呼ばれ、前回撮ったレントゲンを見ながら「だいぶ治ってきましたねぇ」と言われたこともあった。私が、「はぁ? 今日はまだ撮ってませんけど?!」と言うと、慌てて「じゃぁ、先にレントゲン撮りましょう」と。その時点で病院を変えれば良かった。今日は「院長呼んでこい!」ぐらい言った方が良かったかな?!

3月に右ひじを骨折した時に、その日が日曜だったために休日当番医として紹介されて通い始め、8月の左手骨折でも、合宿先の長野から帰ってきてすぐに通い始めた病院だったが、もう行くことはあるまい。Kayaksの選手にも決して紹介できない。

…といったワケで、まぁ、私も短気を起こして帰ってしまったりして悪かったかもしれないが、それほどイヤな思いをしたということ。どうしようか一瞬考えたけど、すぐにギプスは取ることにした。なのでタイトルは、「ギプス取れました」じゃなくて「取りました」なのです。


追伸 1
↑この話は今日の午前中の出来事だったが、20時半頃、職場に■整形外科病院の医局の男性から電話があり、直接会って今日撮ったレントゲンを渡し、謝罪したいとのこと。仕事で遅いので、と言ってお断りした。ドクターの所見として、骨のつき方は良いとのこと。午前中に起きたことを謝るにしてはずいぶんと時間が経ってしまった気もするが、院長にも報告して病院として謝罪したいと言ってくれたし、その男性の対応は大変丁寧で、私も少しは気持ちがスッキリしたので、この記事内で病院名は伏せました。


追伸 2
今日はKayaksはミーティングの日。リーグ戦の最終戦となる日本大学工学部戦について、ゲームプランをチーム全員で共有するための大事な日だが、私は仕事が遅番で参加できず。しかし、事前に攻守リーダーとは打合せ済みなので、きっと上手くいくに違いないッ!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version