リーグ戦スケジュール案

学連を担当している部員が職場を訪れ、4月末までのスケジュールを知らせてくれた。3月末の競技力向上クリニックや4月末のフラッグフットフェスティバル(仮)などの行事予定の他に、秋のリーグ戦スケジュールについても「案」が記されていた。
秋田県内の大学による連合チームがリーグ戦に参戦することによる実施条件変更の件だ。
Kayaksのウェブサイトにもリンクしている、秋田大学・秋田県立大学・秋田経法大学の3大学合同チーム「秋田学生連合Ogres」が今年からリーグ戦に参加する予定で、昨年よりも1チーム多い9チームでのリーグ戦となる。「案」では、4チームと5チームによる2ブロック制で、両ブロックの2位以上で優勝決定のトーナメントを行なうこととなっている。5チームによるブロックでは、2週連続で試合を行なう可能性もあり、リーグ戦開幕自体が昨年よりも1週間早まる見込みと言う。真夏に試合をするのは、選手数の少ないチームにとってはその後の試合にも大きな影響を及ぼす。できれば避けたいものだが、東北学生リーグにまた新しいチームが加わるというのは、リーグの発展にもつながることだろうし、フットボールファンとしては歓迎すべきことだと思う。
Kayaksは、単独でチームを編成できなかった2002~2003年に、仙台大学と合同で活動させていただいたことがある。練習場所やコミュニケーションなど、克服すべき問題は山ほどあった。きっと「秋田学生連合Ogres」も同じだろう。しかも彼らの場合、試合をするための移動も長距離である。さまざまな困難を克服して、リーグ戦では是非とも良いゲームを披露していただきたい。
Kayaksも負けずに頑張るけどね!

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version