東北學院大學新聞

今日から大学祭関連の業務で私は残業。残念ながら練習を見に行くことはできなかった。
そこで、少し前の話題になってしまうが、Kayaksが大学新聞に掲載されたので紹介しよう。


本学の課外活動団体である東北学院大学新聞会が発行する「東北學院大學新聞」第305号(2009年9月10日発行)に、Kayaksが毎春行っている「TGボウル」の様子が掲載されている。

「TGボウル」は、毎年4月の新入生オリエンテーション期間中に開催する新入生歓迎イベントで、私たちアメリカンフットボール部が主催、応援団、チアリーディングチーム、放送会らが共催といった形で開催している。アメリカンフットボールの試合を通じて、新入生たちの本学入学を歓迎すると共に、各サークルのナマの活動をアピールする場として、年々共催団体が増えつつある春のメインイベントだ。3年生以下のKayaks部員のほとんどが、この「TGボウル」を観戦して入部しており、試合当日にビラ配りなどの勧誘活動は一切行っていないが、百聞は一見にしかず、ナマの試合観戦はフットボールの魅力を存分に新入生たちに伝えるチカラを持っているようだ。

さて、この東北學院大學新聞を発行している東北学院大学新聞会だが、こちらもメンバー獲得に苦労しているようだ。
紙面によると
「新聞は年3回の発行です。他にもカラー写真を用いた立て看板ポスターを月1回設置しています。
活動は木曜日、土樋キャンパスの部室で行います。取材日はイベントにより異なります。」
「短期間の活動体験も可能ですので、決めるのはそれからでも遅くありません! 興味のある方は気軽に部室へ覗きに来てください。」
とのこと。
気になった本学学生は、新聞会の部室へ行ってみてはいかがでしょうか?
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version