仙台大学、優勝!

12日(月)、平成21年度第34回東北学生アメリカンフットボールリーグ戦1部リーグ2試合が仙台大学人工芝グラウンドで行われ、仙台大学シルバーファルコンズが秋田大学を73-13で下して3勝0敗とし、1試合を残して1部リーグ優勝を決めた。仙台大学は1996年以来、13年ぶり2度目の優勝。今年から全日本大学アメリカンフットボール選手権として装いも新たに始まる「パナソニック電工杯 第64回毎日甲子園ボウル」の東日本代表校準決勝戦 〔11月15日(日) 対関東学生1部リーグBブロック優勝校 @駒沢陸上競技場〕 へ出場する。

  • 仙台大学学友会アメリカンフットボール部公式Webサイト
  • 選手権組み合わせ表 (パナソニック電工杯 第64回毎日甲子園ボウルオフィシャルサイト)

  • 学生アメフト:仙台大と愛媛大が優勝 関大4連勝 (毎日jp)
  • 【記事】
     学生アメリカンフットボールのリーグ戦は12日、各地区で行われ、関西では関大が昨年学生日本一の立命大との全勝対決を14-7で制し4連勝。前節の関学大戦に続く勝利で、61年ぶりの優勝へ向け大きく前進した。
     東北では仙台大が13年ぶり2回目、中四国は愛媛大が3年ぶり10回目の優勝を、いずれも1試合を残して決めた。両校は全日本大学選手権に出場する。


    仙台大学とKayaksは、「協力提携校」として毎年合同練習やストーブリーグを行っているが、そのきっかけは両チームの部員減少。共に選手不足でリーグ戦に出場できなかった時、合同チームを結成して東北社会人リーグに参戦した(2002、2003年)ことによる。あれから僅か6年。仙台大はいち早く復活を果たし、遅ればせながら、Kayaksもようやく1部リーグとの入れ替え戦出場を目標とするチームになるまで成長した。
    個人的にも、仙台大の監督は我が恩師であり、すぐにでもお祝いの連絡を入れたいところだが、まだリーグ戦途中ということもあり、まずはこの場でのみお祝い申し上げたい。

    なお、東北学生1部リーグは、リーグ戦最終節を残して全ての順位が確定した。
    次節、岩手大学が勝って3勝目を上げ、仙台大学が敗れて共に3勝1敗となっても、直接対決で岩大に勝っている仙台大の上位は変わらず。また、岩大が敗れて2勝2敗のチームが岩手、秋田、東北の3チームになっても、同様に直接対決の結果により、岩手>秋田>東北という順位が確定する。よって最終節を待たずに、東北学生1部リーグの順位が確定した。

    東北学生アメリカンフットボールリーグ1部リーグ順位
    1位 仙台大学シルバーファルコンズ
    2位 岩手大学バイソンズ
    3位 秋田大学オーガーズ
    4位 東北大学ホーネッツ (入れ替え戦で2部リーグ2位と対戦)
    5位 弘前大学スターキング (入れ替え戦で2部リーグ1位と対戦)

    関連記事 平成21年度リーグ戦結果 2009年10月13日(火)更新
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version