同じ失敗の繰り返し

2009100208520610月になった。
仙台はこのところ急激に秋が深まり、晴れても日中の最高気温は20℃を僅かに超える程度、夜も17時半を過ぎるともう真っ暗だ。

今日は18時過ぎに仕事を終え、すぐに泉キャンパスへ向かったが、グラウンドに到着した頃には既にドリルが始まっていた。
私が到着してからオフェンスメインのドリルをしようと考え、先にディフェンスメインでドリルを始めていたようで、その後数セットほどディフェンスのドリルを見た後、オフェンスメインのドリルを開始した。

ラインメンとの別練習も今週末で終わり、来週からは再びチームがひとつにまとまって練習するのだが、ラインメンがいないことによって学べることも数多くあるはず。それらをどれだけ習得できたのかが、今シーズンのチームの成績を左右すると言って過言ではない。

…にも関わらず!

今日のドリル、前半は集中力を欠き、レシーバーはイージーボールをポロポロ落とし、ディフェンダーが多くいるエリアに自ら走り込み、アンダーニースにディフェンダーを入らせる。これでパスが成功したら不思議というもんだ。

すなわち、日々の練習で実戦を想定した練習を全く行っていないということ。練習のための練習、自らが納得するためだけの練習になっていたということだ。自分自身で考えてボールを前進させようという意志が全く感じられない。日曜の練習で指摘した過ちを、木曜にはまた犯してしまっている。それで強くなんてなれる訳がない。

個人的スキルやプレーの習得には膨大な時間を反復練習に割くが、それはまた、選手個々人の精神的な準備期間でもあるはず。それをただ漠然と繰り返すだけの時間に当てていたとすれば、これまで練習にかけた時間の半分は無駄に過ごしてきたと言えるだろう。

幸い、昨日のドリル後半は集中してボールを進めようという気持ちを感じることができた。しかし、数日経てば忘れてしまうというのでは同じ失敗の繰り返し。

子曰、過而不改、是謂過矣
「過ちて改めざる、これを過ちという」 (孔子)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version