空回り中?

20090918070610このところ仙台は秋晴れ続き。昨日も仕事をしてるのがモッタイナイような青空が広がっていたが、日が沈むと気温はグッと下がって冷え込んでくる。

昨日も例によって定時に仕事を切り上げさせてもらい、泉キャンパスへ向かった。リーグ戦の第2戦が間近となり、私もいよいよ気合いが入ってきた。

…が、選手たちの頑張りが空回り状態というか、ホントに頑張ってるのかどうか疑わしい。いや、むしろ、真剣さが感じられないと言い切ってしまえるような雰囲気だった。

昨日はドリル中心の練習メニューだったのだが、最初のプレーからアサイメントミス、引き続き軟弱なブロックとタックル、一旦手に入ったボールをこぼしてパス失敗、パスインターセプション…などなど、およそ試合直前の練習とは思えない不甲斐なさ。またしても、「できるできないではなく、やるかやらないか」だということをこのチームは忘れてしまったかのようだ。

フィジカルに上回る相手を1オン1の勝負で叩き潰せ!などという無茶な要求をしたことはない。メチャクチャ強い奴、速い奴、上手い奴というのは残念ながら相手チームにたくさんいる。そいつらを1オン1で圧倒しろと要求するのは監督・コーチの仕事ではない。もちろん、フィジカル面の向上も練習では追求するが、試合では、戦術的・戦略的に強い・速い・上手い相手を攻略するために私たちがいる訳だ。

それなのに、その戦術を単純なアサイメントミスで台無しにされたら、やる気が無いんじゃないかと感じて当然だろう。真剣に取り組めば取り組むほど、そうしたやる気の無さに腹が立つ。もちろん、怒ってばかりではいけないのはわかっている。選手たちに「勝ちたい!」という欲求が不足しているのも確かだろうが、私自身の気合いが空回りしているのかも知れない。

次の試合は連休中の月曜日に行われるため、いつもより1回多く練習できる。その1回の練習で、いかにお互いのモチベーションを向上させることができるのか? あるいはチームモラルの高揚に貢献できるのか? そうしたことを考えつつ、選手はプレーし、監督・コーチは指導に当たりたいと思う。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version