スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対東北工業大学戦

第34回東北学生アメリカンフットボールリーグ戦の2部リーグが今日、青葉山グラウンドで開幕した。既に速報でお知らせしたとおり、第1試合は北里大学獣医学部カウボーイズが日本大学工学部クロウジャッケルズに競り勝ち、第2試合は我がKayaksが東北工業大学ブルーレイダーズを下して勝利を得た。

今日の仙台は清々しい青空。やや日差しがキツくてアメリカンフットボールの試合には暑すぎる気もしたが、ベタつかない爽やかな空気はやはり秋を感じさせる。昨日までは新型インフルエンザによる練習不足のまま試合に臨むのが不安で仕方なかったが、今日のきれいな青空を見て戸隠での夏合宿を思い出し、練習不足の不安も吹き飛んで、試合に対する闘志のみががふつふつと湧いてきた。

試合は東北工業大学のキックオフで始まった。
最初のオフェンスシリーズでタッチダウンを奪うのが私たちの今日の目標のひとつだったが、残念ながらそれは叶わず、やはり新型インフルによる練習不足と選手の欠場が相当影響しそうだと思わせる立ち上がりだった。

しかし、その後Kayaksは徐々に調子を上げ、オフェンスは全クォーターでタッチダウンを奪い、ディフェンスは全く失点せずに、第4クォーター終了直前に56点差となってコールド勝ちをすることができた。

少数精鋭ながら常に強いチームを作り上げてくる東北工大だが、今年は相当苦労したようで、ひとつひとつのプレーはさすがに力強いものの、戦術的な完成度はまだ発展途上といったところか? しかし、的外れなプレーをしてこないところは、さすが工大である。

対する我がKayaksは、やはり練習不足の影響が相当強いと思われる。今後どれだけプレーの精度を上げることができるか、そしてまた、ハードにプレーできるようになるかが、今シーズンの成績を左右する。このままのチーム状態では、「一部昇格」など戯れ言になってしまう。

今日の試合内容に点数をつけるとすれば、60点といったところか。ギリギリ合格点をあげられるが、それ以上ではない。ただし、今のチーム事情を考えれば、80点ぐらいあげても良いのかも。何しろ今日は4年生が全員試合に出れず、急遽3年生がチームキャプテンを務めることになったし、病気や怪我で多くの選手をサイドラインに立たせていなければならなかったのだから。

今日はたくさんのOB/OG、部員のご家族、Kayaksファンの皆さんに応援いただいた。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。勝てて、正直ホッとしています。次戦も頑張りますので、どうぞご声援ください。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。