スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀕死のチーム状態

いよいよ今シーズンの初戦を3日後に控え、本来ならば準備万端整った、と言いたいところだが、残念ながら今年は次から次へと解決しなければならない問題が湧き起こってくる。春シーズンでチームの中心的存在である選手を複数怪我で欠き、4月以降、大学の授業時間帯変更によって練習時間を短縮せざるを得なくなり、さらに先月は新型インフルエンザによって練習を自粛しなければならない状態を経験した。

そして昨日今日と、怪我人が出て、病人も出た。
幸い、病人は新型インフルではないようだし、怪我人も1ヶ月ほどで復帰できそうだ。しかし、Kayaksが瀕死のチーム状態であるのは紛れもない事実。こうした事態だからこそ、最善を尽くさなければならない。

「1部昇格」を目標に掲げた今シーズンの初戦、不慣れなポジションで試合に臨まねばならない選手が多くなりそうだが、苦しい状況だから負けても良いということは決してない。相手にも自分にも絶対に打ち勝つのだという強い気持ちを持って、部員たちには試合に臨んで欲しい。

Quitters never win and winners never quit.
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。