米沢から帰仙

20090822222625米沢で迎えた朝は明るい曇り空。ところどころ青空も顔を出しているが、すっきりしない空模様だ。昨夜はKayaksの部員たちと連絡を取り合うなどして、話題が話題なだけに、何となく気疲れしたかな? 今日は今回の巡業スタイルの出張最終日。米沢地区後援会だ。

ここでも20名以上のご父母にお集まりいただき、業務紹介やミニ講義、昼食を挟んで個人面談を行った。私の業務紹介も3日目となり、今日は一番ウマくできたかな?!

米沢からの帰り道は、山形新幹線で福島まで出て、東北新幹線に乗り換えて仙台入りする経路。仕事を終えた安堵感からか、ぐったり疲労感を感じてしまったが、今回一緒に巡業でまわった教職員の皆さんと雑談を楽しみながら、あっと言う間に仙台に到着した。

前の部署から引き続き、 私は毎年こうした出張に出掛けているが、毎回ご父母の皆さんの生の声を聞いて身が引き締まる思いだ。ご父母から見れば、大事な子供を大学に預けている訳で、私たちは十分にその責任を感じ、教育的サービスを怠ることなく提供していかなければならないと強く思う。

そのことは、職員としてもそうだが、Kayaksの監督としても言えることで、事務手続きによるのかフットボールを通じて行うのかの違いがあるだけに過ぎない。今現在、リーグ戦開幕を前に活動自粛という苦しい状況にあるKayaksだが、こうした苦しい状況だからこそ最善を尽くすべく、監督としての責任を果たそうと強く再認識した。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version