横手から新庄へ

20090820205810出張で訪れた秋田県横手市で迎えた朝は青空。ホテルのレストランで朝食を食べた後散歩に出てみたが、横手は盆地らしく、朝から蒸し暑い。

今回の出張は、横手、新庄、米沢を巡業のようにまわって各地区の学生のご父母と面談を行う『地区後援会』。5月に泉キャンパスで行われた後援会総会の地方版だ。今日は横手で10時から横手地区後援会を開催した。

30名ほどのご父母にお集まりいただき、担当教員による大学の近況報告、大学紹介ビデオの上映、学務部・学生部・就職部の各担当者による業務紹介、ミニ講義、昼食をはさんで個人面談を行った。私は学生部の職員として業務紹介と個人面談を行う担当で、毎年行っていることだが、初日はやはり緊張する。今日は漢字の読み間違いなどしてしまって反省しきり!

後援会終了後、しばし横手駅舎内の待合室で休み、2両編成の電車に乗り込んで、JR奥羽本線で山形県新庄市へ向かった。
この電車、ガタンゴトンと揺れが心地良かったのだが、車両内にトイレが設置されていて、乗客が利用する度に臭いが車内に漏れるというオマケ付き。1時間半ほど乗っていなければならなかったので、これには正直マイった。

新庄駅に着くと、大きな山車がお出迎え。私は知らなかったが、新庄祭りというお祭りで繰り出す山車らしい。ねぷたなどに比べるとより繊細な作りで物語性が高く感じられる。

夕方から、今日は同窓会新庄支部の方々との懇親会があった。各地区で行う後援会の時期に合わせ、同窓会支部がこうして懇親会を開催してくれる。同窓生にとっては、大学の近況を教職員から聞ける機会だろうし、私たちにとっても、同窓生の生の声を聞ける貴重な機会である。今日は10名の同窓生に出席いただき、和やかな席を楽しませていただいた。

席上、新庄駅に飾られていた山車は、全部で21ある山車の中から3台選ばれる優秀な山車のうちのひとつであり、懇親会に出席されていた同窓生が親方を務めた町内のものであることが判明。こうした分野でも、本学の卒業生は大活躍されているようだ。

さて、明日は新庄地区後援会。
今日と同じ失敗をしないように、予習してから寝ることにしようっと。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version