スピード・デー

20090808234553今日の練習は「スピード・デー」。Kayaksの弱点のひとつであるスピードを向上させるために設定した特別な練習メニューの日だ。数年前から計画してはいたが、今年の春のオープン戦での失点のほとんどが、敵陣深くからの独走タッチダウンによるものだったため、合宿直前の大事な時期ではあるが、「スピード・デー」を初めて実施することにした。

この日のために、本学体育会陸上競技部OGのY田氏にコーチを依頼し、股関節の可動域を改善すると共に、速筋を刺激してスピードを向上させるメニューを作成いただき、今日は直接、熱心にご指導いただいた。

陸上競技のファンダメンタルはアメリカンフットボールのそれとは全く違うが、単純に「速く走る」ということに関して言えば、陸上競技の方がはるかに優れている。そこで、その違いがあるということを各自十分理解した上で、今日は陸上競技のファンダメンタルを習得するよう心掛けた。

使う用具は、ラダーやミニハードルといった普段の練習でも使っているもので、メニュー的にもほとんど同じだったが、やはり基本的な考え方が全く違う。例えば、フットボールでは基本の姿勢であるFFP(フットボールファンダメンタルポジション)も、陸上競技では全くダメな姿勢となる。普段、徹底的に基礎を叩き込んでいることが今日は災いし、なかなかFFPの姿勢から抜け出せない選手がたくさんいた。

オモシロいメニュー(選手にとってはキツいメニュー!笑)もたくさん紹介いただき、私自身、技術的な部分でY田コーチに教わることが多く、大変ためになった。選手たちも目新しいメニューで刺激になっただろうし、3時間以上ずっと走ったり跳んだりしてたので相当疲れただろうが、同時にスピードを向上させるためのヒントに気付けたのではないかと思う。

今日の1回きりの練習でスピードが向上する訳ではないが、この経験を活かして日々の練習で努力すれば、必ず効果がある。リーグ戦に向けて、非常に良い経験をすることができた。

Y田コーチには熱心にご指導いただいて本当に感謝です。また機会がありましたら、是非グラウンドでご指導ください。ありがとうございました。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version