1年生、合流

今日は日中時折小雨が降る空模様だったが、夕方からは明るい曇り空になって、練習は良いコンディションで行うことができた。

今日から1年生も各ポジションに分かれ、上級生と同じパートメニューを行うことにした。これまで基礎練習を続けてきて、それなりに上達したと判断できたし、おそらく本人たちも早く上級生たちと一緒に練習したくてウズウズしてたことだろう。なかには、少しは活躍できるのでは?…と思っていた1年生もいたかもしれない。しかし、おそらく今日の練習で、そんなに甘くはないことを文字どおり体で思い知ったことだろう。

今日は…というかいつもほとんどそうだが、ラインのパートを中心に見ていたのだが、気合いの入った練習をしていて頼もしく思えた。若干声が出てなくて元気が無く感じたが、内容自体はなかなか良かった。
1年生は言われたことをすぐに実行できる選手が多く、今はまだ上級生が圧倒的に強いが、僅かな期間で追いつき追い越す日が来るかもしれない。

昨年、0-42で大敗した北海学園大学との定期戦を1週間後に控え、1年生たちは順調に成長しているが、不安材料もある。負傷者の存在だ。
長期的に治療しようと計画している選手も中にはいるが、それ以外はできるだけ早く完治させて練習に復帰して欲しいと願っている。とは言え、無理して復帰して悪化させたりは絶対にしたくないので、そこは冷静に判断していこう。

今日の練習にはKayaks OB/OG会の副会長も見学にきてくださった。こうしたことが励みとなり、チームはモチベーションを高く維持することができる。その他OBも今日は来てくれて、練習台になってくれていた。本当に助かります!いつもいつもありがとう!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version