工夫

今朝は冷え込んだ仙台だったが、日中よく晴れてぽかぽか陽気になったお陰か、今日はそれほど寒さが厳しくない中で良い雰囲気で練習することができた。

2008シーズンをきちんと終わらせよう!を合い言葉に練習を再開したKayaksだが、今日は昨日のミーティングで確認しあったことを実際にプレーして体感することから始めることにした。

ハーフラインドリルで攻守に分かれ、主にオフェンスプレーで試行錯誤しながらプレーをスピードアップする様々な「実験」を試みた。理屈どおり、プレーの開始時点のスピードを速めることには成功したが、プレーの展開を速めるには至っていない。もちろん、選手個々のスピードアップは年間を通して取り組むべきことで、ここ数日の練習で急にスピードが上がるとは思っていない。だが、それとは別に、選手個々が「工夫」することでプレーの展開を速めることも可能だと考えている。リーグ戦を戦い終えたばかりで、実戦のイメージが鮮明な今だからこそできる「工夫」がある。今日の練習では、選手たちが積極的にそうした「工夫」に取り組んでいた。

リーグ戦を終えて難しい時期の練習だが、Kayaksは部員全員が熱意と目的意識を強く持って練習していて、大変誇らしい。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version