ディフェンバキア

カミーラディフェンバキア・カミーラも2001年春頃に購入した。
観葉植物を育てるのが楽しくなりかけた頃で、ドラセナ・マッサンと同じく、いろいろな種類の観葉植物を育ててみようと考えるきっかけになってくれた。
株分けをして友人にあげたりしたが、大きくなり過ぎて、昨年の夏に3センチほどの太さに生長した茎を切り刻んで挿し木をした。写真はそのうちの1つである。

学名 Dieffenbachia spp.(Dieffenbachia 'Camille')
科名 サトイモ科
属名 ディフェンバキア属

寒さに弱いと言われるが、それほど神経質にならなくても良いようだ。ただし直射日光に当ててはいけない。ディフェンバキアの魅力である葉の白い斑がすぐに日焼けしてしまう。また、水切れにも弱いが、基本の水遣りをしていれば良いので、それほど気にすることもない。
生長が比較的早く、子株もよく発生するので、育てていて楽しい。

ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version