スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新歓BBQ!

Kayaksは今、七北田公園近くの河原で新入生歓迎バーベキュー中! チアさんと応援団さんと共催で、新入生は10人以上参加してくれています。

火を起こすのに若干手こずったみたいだけど、その間も1年生たちはフラッグフットで楽しんでいたみたい。

Kayaksは楽しいクラブです。みんなが入部して、Kayaksの仲間になってくれることを心から期待しています!
スポンサーサイト

取り急ぎ

今日の午後3時から、東北大学の川内グラウンドにおいてオービック・シーガルズのコーチ・選手によるフットボールクリニック「鴎道場」が開かれ、東北大学ホーネッツ、仙台大学シルバーファルコンズ、そして我が東北学院大学Kayaks(カヤックス)の選手たちが日本一のチームからファンダメンタルを直接教わるという機会を得た。

東北大学のヘッドコーチであり、シーガルズの現役レシーバーでもある萩山コーチからお声掛けいただいて私たちKayaksも参加することができ、非常に有意義な時間を過ごすことができた。心から感謝です。

詳細はまたのちほど紹介させていただくが、取り急ぎ御礼まで。

鴎道場

今日から5月。
仙台は、朝は小雨が降っていたがほどなくして上がり、すっきり晴れることはなかったが、夕方まで穏やかな天気だった。

東北学院大学は昨日で新入生オリエンテーションが終わり、ゴールデンウィークをはさんで9日(月)から授業が始まる。例年より1ヶ月も長い春休みがようやく終わるが、そのほとんどの期間、Kayaksは活動をすることができずにいた。Kayaksだけではない。宮城県内の大学は、そのほとんどが東日本大震災の影響を受け、各大学のアメリカンフットボール部はKayaks同様、ようやく活動を再開したか、まもなく再開するといった状態のようだ。

さて、大震災を引き起こした東北地方太平洋沖地震は3月11日(金)に発生したが、その翌々日の13日(日)と、さらにその翌週の20日(日)は、泉キャンパスを会場として毎年行われてきた学連主催のフットボールクリニックが開催される予定だった。しかし、地震による影響で当然中止となり、今年はXリーグチームによる指導を選手たちが直接受ける機会を無くしてしまっていた。

そんな中、数日前のことだが東北大学ホーネッツのヘッドコーチであり、Xリーグ、オービックシーガルズの現役レシーバーでもある萩山竜馬コーチから直接電話をいただき、東北大学の川内グラウンドで行われるシーガルズのフットボールクリニックに参加しませんかとお誘いいただいた。宮城県内の各大学に案内しているとのことだったが、日本一のチームに教わる願ってもないチャンスを私たちが逃すはずもなく、当然Kayaksも参加させていただくこととなった。

「鴎道場」と名付けられたクリニックは、今日の午後3時から東北大学の川内グラウンドで開催された。参加したのは、東北大学ホーネッツ、仙台大学シルバーファルコンズ、そして我が東北学院大学Kayaks(カヤックス)の選手たち。シーガルズからは、コーチ・選手が8名ほどいらしてくれて、熱心に指導してくれていた。

クリニックは、まず始めに股関節の動きを意識したアップメニューを行い、それから、ヒットとタックルの考え方と基礎を全員で教わった。その後は各ポジションごとに分かれて指導を受けたのだが、今日はKayaksのコーチがほかに2名来てくれていたので、私は今シーズンの自分の担当ポジションであるオフェンスラインについて、選手たちと共にご指導いただいた。

今日は、あくまでファンダメンタル(基礎技術)についての指導という位置付けだったのだが、シーガルズのそれが大きくKayaksと違っていたりすることもなく、むしろ、いつも気を付けているところを今日も指摘されてしまったな、といった感じ。私たちが普段やっていること、やろうとしていることが間違いではなく、正しいファンダメンタルを基づいているのだということを再認識できて良かった反面、選手たちがそれでも修正されてしまうということは上手にできていないということで、指導者として大いに反省すべきであると感じた。

先週の日曜日、44日ぶりに練習を再開したKayaksだが、それ以降はグラウンドの確保もままならず、再びグラウンドでの練習は休止状態となってしまった。そんな中でのクリニック開催で、選手のみならず私も非常に楽しく、有意義な時間を過ごさせてただいた。今回のクリニックは、シーガルズの大橋ヘッドコーチが発起人だという。改めて、オービックシーガルズのコーチ・選手の皆さんに感謝し、また、お誘いいただいた東北大学ホーネッツの萩山ヘッドコーチにも心から感謝したい。ありがとうございました。

嵐げんこつらあめん

久しぶりのラーメンネタは、たまたま通りかかった「らあめん花月[嵐]」の『嵐げんこつらあめん』。620円。「当店人気No.1」と書かれた自販機のボタンにつられて食券を買ってしまった。

薄切りチャーシュー5枚と海苔、ゆで卵半分、メンマ、長ネギがトッピング。見るからにこってりな感じだが、ひと口食べてみると「?」。あっさりというか、薄い?!

元々、味の濃いものは苦手な方のはずだが、このラーメンは何とも味が薄い。震災のショックで、しょっぱいもの好きになってしまったのだろうか? カウンターに置いてあった「秘伝のらあめんダレ」、「激辛壷ニラ」、「ブラックペッパー」、「ラー油」で味を足して、ようやく見た目どおりのこってり感に。

ちなみに、激辛壷ニラは、辛味は激辛というほどではないが、ニラがナマなので噛むとその辛さで口の中が痛くなる?!

でも、美味しかったです、はい。ごちそうさまでした。

もりか

3月11日(金)の東北地方太平洋沖地震以降、私が住む地域ではライフライン(電気・ガス・水道)が一時完全に遮断され、電気と水道は比較的早い段階で復旧したが、ガスの開栓には1ヶ月以上の時間がかかった。

その間、食事の支度はホットプレートやカセットガスコンロが活躍してくれたのだが、いずれも火力が弱く、不便であることに変わりはなかった。そんな中、Kayaksの同期が連絡をくれて、プロパンガスのボンベとコンロを貸してくれた。カセットガスとは火力が断然違い、ガスが復旧するまでの間、本当に大活躍してくれた。

先日ようやくガスが復旧したので、今日は中新田までプロパンガスを返しに行ってきた。ありがとね、モリ!

写真は、我が同期に懐かしい「LIQUOR SHOP もりか」。

Kayaksという組織

昨日は1日中突風が吹き荒れた仙台だったが、今日は穏やかな陽気で練習日和。Kayaksは10時から泉キャンパスのグラウンドで練習を行った。

今日の練習は特別メニュー。
というのも、震災の影響で長く活動を休止していたが、オープン戦の日程は当初の予定どおり行うことにしたため、圧倒的に練習時間が少ない。しかも、9日(月)から授業が始まるのだが、それ以降の練習場所もまだ確保できていない状態。そういった状況のため、ミーティングで時間を割くことをできるだけ無くし、グラウンドが使える時は最大限練習しようと考え、今日は春シーズンに使用するプレーのアサイメントをグラウンドで実際にやりながらコーチングスタッフが指導・解説するという手法のメニューとした。

通常なら、私が最も嫌う手法で、喋ってるヒマがあったら1回でも多く反復しろと普段は言っているのだが、今日は説明してはプレーし、プレーしては説明するという感じ。ダラケた雰囲気に陥りがちで、実際今日は少々ダラケてしまったが仕方がない。44日間にも及ぶ活動休止など、Kayaksはこれまで経験したことがない訳で、これまでと同じことをしていては、その休止期間の穴を埋めることなどできるはずがない。思い切った手法を用いらなければならないということだけは確実に分かっているのだから、今に相応しいと熟慮の末に決断したならば、それを迷わず実践するのみである。

圧倒的に時間が少ないが、決して足りないとは思っておらず、春の初戦である6月5日(日)の青山学院大学との久しぶりの定期戦(@ユアテックスタジアム仙台)に向けて、ただ謙虚に地道にせっせと準備を進めていこうと考えている。

今日は穏やかな陽気の中、ゴールデンウィークということもあって若いOBがたくさん練習に参加してくれた。こうしたOBたちの身を挺した協力があるからこそ、私たちKayaksは今シーズンを東北学生1部リーグで戦うことができる。Kayaksは大学の課外活動団体ではあるが、現役学生だけでなく、コーチやOBなど、さまざまな構成要素によって形作られた組織であり、それぞれが自分の役割を十分に果たすことによって機能的に結びつき、組織として個人として成長することができる。そうした背景を知ることも現役部員にとっては重要なことで、自分たちだけでクラブが成り立ってるなどと思い上がっては決してならない。

明日はさらに多くのOB/OGがグラウンドに駆けつけてくれることだろう。感謝しつつ、いい練習台なのでコテンパンにやっつけてやろう!?

お詫び

TGボウルに来場いただいた1年生の皆さまへ
本日開催を予定していたTGボウルは、当部の不手際により急遽中止となりました。協力団体(応援団、チアリーディングチーム、放送会、合気道部、少林寺拳法部、ラクロス部)の活動内容の紹介を楽しみにしていた方も多くおられたことでしょう。本当に申し訳ありません。当部の現役幹部と相談し、今後の活動について再度検討することといたしましたので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。


TGボウル協力団体関係者 各位
(応援団、チアリーディングチーム、放送会、合気道部、少林寺拳法部、ラクロス部)

本日は当部と大学側とのやりとりで不手際があり、大変なご迷惑をお掛けして本当に申し訳ありませんでした。現役幹部と相談し、今後の活動について再度検討することといたしましたので、より一層、協力体制を強化していければと考えております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。