スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスプレーの調整

昨日は金曜なのでパート練習とキッキングゲーム主体の練習メニュー。授業の関係で若干集まりが悪かったが、練習が始まってから来る部員もいて、パートが始まる頃にはそこそこの人数になっていた。

パートの時はラインメンの練習を見ることが多いのだが、昨日はオフェンスバック(クォーターバック、ランニングバック、レシーバー)のパートを見た。リーグ戦第2戦まで2週間余りとなり、練習回数で言えば10回程度、そのうち、仕事の遅番などの影響もあって私が練習を見れるのはさらに少なくなる。昨日は、試合までの練習ですべきいくつかのプレーの確認と、今後、選手たち自身が自ら確認していくための指針について共通認識を持ちたくて、バックスのパートに行った。

職場の理解もあって夜間練習にもかなり行けてはいるが、常に練習に参加できるフルタイムコーチではないので、私や他のコーチが誰も練習に参加できないこともある。そうした時、選手たち自身が進むべき方向性というか評価基準を正しく持っていることは、チーム力の向上に不可欠だろう。間違ったやり方で調整しても、それは試合では成功しない。

例えば、パワープレーで運悪く穴がつまった時、ボールキャリアが外にカットを踏むのか内に入るのか、といったケース。もちろん、その時の状況でどちらも正しいが、チームの方針としてどうすべきかという原則はある。それを間違ったまま練習していては、そのプレーだけでなく、ゲームプラン全体を狂わせる結果となってしまう。

昨日はいくつかのパスを調整し、尚且つ、調整の方針についてレシーバーやクォーターバックと共通認識を得た。また、ランプレーについて、試合までに確認すべきプレーの種類や数についても共通認識を得た。1部リーグに比べれば、戦力はまだ全てにおいて力不足だが、部員全員が目標に向かってユニット(単体)となって努力している姿勢については、決して劣っていないと思う。私たちコーチングスタッフがちょっとした励ましと正しい方向性を示してあげれば、Kayaksは今シーズンの目標を必ず達成できると確信している。



昨日の練習はいつも練習しているグラウンド(ラグビー場)の隣、サッカー場で行われた。たまたまサッカー部の練習が無くてグラウンドが空いており、全面で練習したいラグビー部からサッカー場で練習してくれないかという申し出があったからだ。

一昨日、その申し出を受けたKayaksの主将が私のところに相談に来たのだが、それは、いつも自分たちばかりがラグビー部の都合で練習時間を変更したり場所を移ったりするのは納得がいかないから申し出を断りたいのだがそれで良いか、というような内容だった。

以前の私なら彼らと同じように感じたかもしれないが、年を取ったせいか、その時は全く別のことを考えた。
すなわち、私たちにとって重要なのは練習することであって、ラグビー場の半面を確保することではない。もし、サッカー場の使用を大学側がKayaksに許可するなら、我々もラグビー部もグラウンド全面を使ってそれぞれ練習できる訳で、むしろそれは歓迎すべきではないのか、と。サッカー場で練習することを否定的受動的(=ラグビー部に追い出された)に考えず、むしろラグビー部やサッカー部はそれぞれラグビー場、サッカー場しか使えないが、我々Kayaksはどちらも使えるんだという肯定的能動的な考え方(=空いているグラウンドを自ら選択して使用する)をすべきではないのか、と考えた。

そもそも、アメリカンフットボールという競技は100ヤード先のゴールラインを越えて得点を争う競技な訳で、グラウンドの半面だけを使って練習することは、やらないよりはマシだが、グラウンド全面で練習すべきなのは当然のこと。野球に例えれば、内野だけのグラウンドで練習して試合に勝てますか?ということ。確かに、狭いグラウンドを工夫して使うことも大切だし有効だろうが、全面使えるグラウンドを遊ばせておく手は無い。

素直な主将は私の考え方を受け入れてくれて、部員たちも皆私の考えに賛同してくれた。どんな困難もポジティブにとらえ、不利な状況からも自分たちにとって有利な展開を探しだすことができれば、何事にも動じることはない。部員たちにも、フットボールから多くを学んで欲しい。
スポンサーサイト

北里大学獣医学部対日本大学工学部戦(速報)

第35回東北学生アメリカンフットボールリーグ戦の結果速報。
宮城自転車競技場で行われた北里大学獣医学部カウボーイズ対日本大学工学部クロウジャッケルズ戦は、35-0で北里大学獣医学部が勝利した。

以下は部員から送られてきた報告メール。

>日工対北里の試合結果報告です。
>
>1Q 7-0
>2Q 0-0
>3Q 14-0
>4Q 14-0
>計 35-0
>で北里大学の勝利です。

他チームの状況など

初戦から1ヶ月が経ったKayaksだが、2戦目まではまだ何と10日余りもあり、あまりにも長く間隔が開きすぎて精神的にダラケてしまいそうだが、幸いにも初戦の内容が悪すぎたので、ここまではどうにか上手くチームの集中力を保たせることができていると感じている。

さて、私は今日も残念ながら仕事が遅番で練習には行けず…
何かネタは無いかと探したワケでもないが、他チームの状況などを綴ってみよう。

まずは同じ東北学生リーグの1部リーグ。
ご存知のとおり、昨年は4位に甘んじた東北大学ホーネッツが開幕から3連勝で早くも優勝を決め、初のクラッシュ進出を決めた。
一方、秋田大学オーガーズと弘前大学スターキングは、フットボールには珍しいスコアレスドローで分け、まだ互いに勝ち星無し。昨シーズンの覇者仙台大学シルバーファルコンズと岩手大学バイソンズは共に1勝1敗で、次節10月11日(月)に秋大、弘大とそれぞれ戦う。弘大は前節の東北大戦を人数不足で途中棄権したが、果たしてどれだけチーム力を回復できたか興味深い。

さて、今年7月にKayaks創部35周年記念試合としてユアテックスタジアム仙台で定期戦を戦った北海学園大学ゴールデンベアーズ。北海道学生1部リーグ所属の強豪だが、今年は出足こそ2連敗でつまづいたが、その後2連勝で盛り返し、10月17日(日)の札幌大学戦が最終戦となる。最終戦を勝利で飾り、順位を少しでも上げることができるように心から応援したい。
ちなみに、北海道学生1部リーグは昨シーズンの覇者小樽商科大学が現在全勝で、1敗で北星学園大学が追っている状態。11日(月)の札幌学院大学戦に北星が敗れれば樽商の優勝が決まり、北星が勝った場合、17日(日)の北大戦で樽商が勝てばやはり優勝、敗れればプレーオフとなる(…だよね?)。

  • 北海道学生アメリカンフットボール連盟
  • 北海学園大学体育会アメリカンフットボール部ゴールデンベアーズ オフィシャルサイト

  • 本学は北海学園大学のほかに、青山学院大学とも定期戦を毎年行っている。Kayaksはしばらく青学とは定期戦を行っていないが、実は今年の6月、出張で青山学院大学を訪れた際にフットボール部の監督さんにご挨拶をして、定期戦復活を打診してきた。まだ何とも言えないが、本学としては前向きに定期戦復活を検討していきたいと考えている。
    で、その青山学院大学ライトニング。現在、関東学生2部リーグBブロックに所属している。昨シーズンは、専修大学と1部2部入れ替え戦を戦って惜敗、1部昇格を逃したが、今シーズンはこれまで3戦全敗と苦しんでいる様子。残り4試合に全力を尽くして欲しい。

    青山学院大学ライトニングと言えば、去る8月3日(火)、Xリーグ2部の相模原ライズと協力関係を築いていくことで合意し、記者会見を行っている。オンワード・スカイラークスとして日本一となった翌々シーズンに活動停止(停止時はオンワード・オークス)という悲惨な経験を乗り越え、クラブ結成から3年で日本一になることを目指している相模原ライズとの提携は、青学にとってまたとないチャンスと言えよう。私が6月に青学を訪れた時も、実は3名ほどの相模原ライズ関係者が監督さんと打合せに来られていた。来シーズン、青学との定期戦が復活すれば実際に戦う訳で、相模原ライズと協力関係にあるチームと戦うというのは、なかなか興味深い。

  • 関東学生アメリカンフットボール連盟公式ホームページ
  • 青山学院大学体育会アメリカンフットボール部LIGHTNING
  • 青山学院大学と相模原ライズ(旧オンワードオークス)の合意調印式・記者会見が行われました (青山学院大学公式サイト)

  • 最後に、Kayaksが所属する東北学生2部リーグについて。
    ここ数年、Kayaksが合同練習やスクリメージを行うなどして積極的に交流してきた東北工業大学ブルーレイダーズが、選手数不足で今シーズンのリーグ戦全試合を棄権したのは本当に残念だった。是非とも部員を集め、再びしのぎを削りあえるように頑張って欲しい。
    さて、工大の棄権により、2部リーグは僅か3試合で日程を終了することになった。1年間頑張ってきた結果を僅か3試合でしか表現できないというのは何とも悔しい気持ちだが、リーグ編成を考えると致し方ないところ。現在のところ、日本大学工学部クロウジャッケルズと山形大学トムキャッツが2試合を終え、それぞれ1勝1敗と2敗の成績。Kayaksと北里大学獣医学部カウボーイズは、まだ1試合のみ戦って共に1勝である。勝ち点2でKayaks、北里、日工が並んでいるが、1敗の日工がやや不利か。
    次節10月17日(日)、今シーズン初めて、2部リーグで1日2試合が行われる。第1試合が北里対山大、第2試合がKayaks対日工だ。冒頭にも書いたとおり、Kayaksは1ヶ月以上のブランクを経てリーグ戦2試合目を戦う訳で、試合慣れしているであろう日工に苦戦することは予想しているが、万全の準備を整えて試合に臨むつもり。皆さん、どうぞご声援ください!

    関連記事 平成22年度リーグ戦結果(中間報告)2010年10月5日(火)

    スーパープライス!

    大学の学生課長から体育会各部の監督宛に体育施設設備に関するアンケートの依頼があり、今日、私も提出をした。老朽化してきた施設設備に関して要望を提出せよという内容で、新設、増設、修理・その他という3項目について記述せよとのこと。

    私は、Kayaksが練習場としてラグビー部と共同で使用している泉キャンパスのグラウンド(正式にはラグビー場と呼ばれる)について、(1)ゴールポストを移動式にすることと、(2)土のグラウンドを人工芝にすること、それから、手狭な体育館のトレーニング室に代わる(3)体育会学生専用のトレーニングセンターを新設することを提案した。

    泉キャンパスのラグビー場は面積が非常に広く、フィールドとして実際に使用する部分以外も全て人工芝とすれば、練習だけならラグビー部とKayaksが同時に使用してもさほど支障がないほど広い。もちろんそれには、現在固定されているゴールポストを移動式にすることが前提で、優先順位としては上記のとおりとなる訳だが、現在は土のグラウンドのまわりにほんの僅かだが芝生が植えられている部分があり、土のままだとこれが邪魔になってしまうので、全面に人工芝を敷き詰めることもやはり必要となってくる。

    見積もりを取ったところ1億(!)を超える金額が提示されたが、面積から考えれば、まさに「スーパープライス」! 実現は難しいかもしれないが、大学側には是非とも真剣に検討して欲しい。

    もっと貪欲に

    今週は火・水とグラウンド練習に行けなかったので、今日は久しぶりな感じで練習へ行ってきた。金曜なのでパート練習中心の日。ランメニューが60分でパートメニューが60分といった構成で、これにキッキングゲームが加わって2時間半の練習といった具合。

    練習開始時に主将がいつもひと言ふた言部員たちに話すのだが、今日は「ノーミスでいこう!」というようなことを言っていた。果たして今日の練習は、皆高い集中力を発揮して、ほぼノーミスで行えていた。火・水もきっと良い練習をしたのだろう。もちろん、試合が近いということもあるだろうが、4年生の態度が厳しくもあり謙虚でもあり、非常に好ましいものであったのがとても印象的だった。

    惜しむらくは、最後のフィールドゴールの練習で、何度も繰り返し同じブロックミスを犯してしまったこと。そしてそれを修正することなく練習を終えようとしてしまったことだ。

    時間内で練習を終えることは、Kayaksがおかれた環境においては確かに非常に重要な条件ではあるが、例えばキックを3本蹴るというように本数が決められている場合、3本で終わり、ではなく、3本きっちり決める、ということに意図がある訳で、失敗を修正できなければ本数を増やすのは当然のことである。試合に勝つために練習をしている訳で、3本蹴るために練習しているのではない。そんなことも分からないようでは、1部昇格どころか2部で優勝することすら難しいだろう。もっと勝つことに貪欲になって欲しいものだ。

    もうひとつ、こちらは少々気になっただけで選手たちには話さなかったが、パート練習で対戦相手を想定した練習がしたいと選手が言ってきたことについて。私は原則としてパート練習はファンダメンタルを徹底する時間であり、対戦相手を想定した練習は土・日のドリルで行えば良いと考えて現在のメニューを組み立てている。対戦相手にばかり気を取られていると、自分たちが本来すべきことを見失ってしまうように思えるからだ。

    今日は、選手たちが不安を感じているように思えたのでそのことは言わず、対戦相手を想定した練習も、少ない回数ではあったがさせることにした。しかし、もしそれが度を過ぎてきたら、少しコントロールしていかなければならないだろう。例えば、相手が4-3ディフェンスだろうが4-4ディフェンスだろうが、アサイメントは若干変わるかも知れないが、やらなければならないことは一緒な訳で、まずはファンダメンタルをしっかり身に付け、それをドリルで応用していく癖をつけて欲しいということ。そうすれば、試合中の相手の変化にも、慌てることなく対応していくことができるはずだ。

    試合まで、ようやく10日を切った。
    ここからが勝負だ。頑張っていこう、Kayaks!

    不用意なミス

    昨夜はかなり強く雨が降った仙台だったが、今日はよく晴れて、あの暑い夏の日差しが戻ったかのよう。グラウンド状態はややぬかるんで悪かったが、すっきり晴れた青空はとても気持ちよかった。

    が、Kayaksの調子、特にオフェンスチームの状態は最悪だった。
    今日は日曜なのでドリル中心の練習メニューだったが、まず序盤のランメニューのうちからミスが続き、何となくイヤな雰囲気であった。
    そしてドリルに入って不安は的中。オフェンスメインのハーフラインドリルでオフェンスチームはミスを連発し、ディフェンスチームにシャットアウトされたどころか何本もターンオーバーされて終わってしまった。

    試合の時のように私がプレーコールを出していたが、試合の1週間前だというのにアサイメントミスはする、ファンブルでボールを失うでは、話にならない。そもそも、今この時期にアサイメントを間違うというのはどういうことなのか? 走る方向を間違える、ブロックする相手を間違えるで勝てるとでも思ってるのか? たった今即席で作ったプレーではなく、プレーブックに書いてある基本的なプレーで間違えるという意味がわからない。

    やる気がないということか。

    やる気がない選手のために私は多くの時間を割き、一所懸命に考え、悩み、最善を尽くしてきたのかと思うと、本当に悔しくて馬鹿馬鹿しくて腹が立った。

    時間がもったいないので先にディフェンスのドリルを行い、終わってからまたオフェンスをやるのかと思いきや、選手たちはさっさとショルダーを脱いでラストメニューのランメニューに入ろうとしている。確かに「練習が終わったらオフェンスは残れ」とは言ったが、ラストメニューを走る前にドリルで確認したいとは思わなかったのか? 平日の夜間練習は短く終わらせるから、土日はドリルをたっぷりやろうと言っていたはずなのに、そんなことお構いなしにただ練習メニューを終わらせようとしている。金曜のキッキングでも言ったこと。紙に書いてあるメニューを本数や時間でただこなせばいいと思ってるかのよう。そんなことで強くなるはずがない。

    腹が立って、馬鹿馬鹿しくなって、私は練習途中だったが帰ってしまった。
    「Be there(そこにいろ)」が私のコーチとしての座右の銘のひとつだが、どうしも我慢できなかった。真剣にやっているとは思えない選手に付き合うつもりはない。そんな選手に育てたつもりもないが、そうしか育てられなかったのなら、監督としてグラウンドに立つ資格が私には無いということ。

    ブロックしそこなった、パスを捕りそこなったなどで怒るつもりは無い。誰でも失敗はある。しかし、単純にどう動けばいいかというアサイメントを間違うなんていうのは、絶対に許せない。一体これまでの時間で何を努力してきたというのか? そんな選手ばかりのチームにしか育てることができなかったとは、自分自身が本当に情けない。恥ずかしい。

    私が途中で帰ったことを選手たちはどう感じ、何を考えたのだろうか? 何をあんなにカッカしてんだ?とでも思ったのだろうか? だとしたら私は、一所懸命やるということの意味を選手たちに教えることができなかったということ。もはや私には指導者としての価値は全く無い。

    今日という日、つまり試合を翌週に控えた日の練習が重要だったことに選手たちは気付かなかったのだろうか? 今日は絶対にノーミスでやらなければならなかったのに、ミスどころか、アサイメントまで間違うとは、一体どういうことだろう。全く信じられない。

    今日は連休ということもあり、たくさんのOBが練習に駆けつけてくれた。しかし私はお礼を言うこともなく、途中で帰ってしまった。彼らには本当に申し訳ないことをした。この場を借りてお詫びします。ごめんなさい。

    さて、今後どうしたら良いだろうか?
    あんなやる気のないところを見せつける選手たちにフットボールを教える価値などあるのだろうか? あるいは逆に、やる気を出させることができない私なんかが監督でいて良いのだろうか?

    実は…
    11月にKayaksとしてのイベントを企画していたのだが、それすらもやりたくなくなってしまった。何でこんなやる気もないヤツらのためにいろんなことやらなきゃないんだ? バカバカしい!

    こんな事を書いてしまって、読んでる皆さんも気分を悪くされたでしょうね?
    ごめんなさい。
    でも私は、嘘を書いて皆さんにKayaksの状況を知らせたと思いこみたくはないのです。私が見聞きして感じたことをちゃんと伝えたいのです。

    来週の火曜日、どういう顔して選手に会えば良いのだろうか? 今はもう、馬鹿馬鹿しくて練習になんて行く気すら無い。試合もそう。どうせ間違ったアサイメントで動いて、相手にやられて、それでおしまい。もしかしたら個人技で勝てるかもしれないが、所詮そこまで。そんな勝利に何の価値も無ければ、評価もできない。

    彼らの不用意な、そう、まさに不用意に犯したミスが取り返しのつかない状況を生んでしまった。彼らはそのことに気付いているのだろうか?

    勝つことの本当の意味とは何か

    「フットボールで最も興味深いことは、少なくとも私にとっては、準備する段階だ。ワクワクするのは、勝つことではなくて、勝つためにやっていることにだ」
    ~NFL名誉の殿堂コーチ、チャック・ノール、四つのスーパーボウルを制覇したただ一人のコーチ
    (COACH'S HANDBOOK p.219)

    「フットボールというスポーツの素晴らしいところは、しばしば自分の能力を越えるようなことを要求されること、そしてそれができてしまうことだろう」
    ~元HBダブ・ジョーンズ、1試合あたり6TDはNFLタイ記録
    (同 P.223)

    「ゴールを設定することが重要なのではない。そのゴールに到達しようと取りかかり、計画通りにすすめていることが重要なのだ」
    ~トム・ランドリー、ダラス・カウボーイズ伝説のヘッドコーチ(1960~1988まで29年間)
    (同 P.247)

    「コーチングは教えることだ。自分がやっていることは単純なのに、わざわざいわくありげで複雑にしようとするコーチもいる。良いコーチであるためには、良い教師でなければならない」
    ~前NFLコーチ、ジョン・マデン
    (同 P.255)

    「勝つことが全てではない。勝とうと努力することが全てなのだ」
    ~伝説のNFLコーチ、ヴィンス・ロンバルディ
    (同 P.256)

    「フットボールは、自分を見せるゲームであって、俺に説教してくれ、というゲームではない」
    ~前NFLコーチ、チャック・ノックス
    (同 P.257)
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。