スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

改めて「全戦全勝」!!

今日は、仙台大戦後初のグラウンド練習日。
私は仕事を「中抜け」して、泉キャンパスへ行き、途中までだが練習を見てきた。いつもながら、こうしてグラウンドへ向かわせてくれる職場の上司・同僚には本当に感謝だ。

さて、練習を見た感想などを綴る前に…
昨日の夕方、仙台大戦後に私から「引退勧告」を出された4年生たちと2時間余に亘って話し合った。基本的には、それまでの3日間、深夜にまで及んで4年生だけで話し合った内容を私が聞く、というものだったが、彼ら彼女らにも思い入れがあるのと同様、私にも熱い思いがあるので、ただ聞くということはできず、特に前半は、「こうあるべきでは?」ということを私が逆に投げかけるような形となってしまった。

そして、最終的に彼ら彼女らが出した結論は、今一度、「全戦全勝」を掲げてシーズン終了まで全力を尽くす、というものだった。

先週行われたオープン戦2戦目の仙台大学戦で敗れたクセに、と嘲笑を受けるかもしれない。
あるいは、後輩たちからも「今さら、何故?」という疑問や不信を持たれるかもしれない。

しかし、4年生たちが出した答えは、例え嘲られようとも、これからの一戦一戦全てで勝利を目指す、というものだった。

もちろん、私の思いも一緒だ。
そもそも、私が「引退勧告」を出したのは、部員たち全員が「全戦全勝」という自分たちが打ち立てたチームの目標を100%信じて日々の練習や試合に臨んでいるとは思えなかったからだ。特に、最終学年である4年生にそうした思いがほんの僅かでもあったとすれば、引退してチームを去ってもらった方がずっとチームのためになる。そうした思いから、仙台大戦が終わってすぐ、4年生に引退を求めたという訳だ。

しかし、その思いを十分に理解した4年生たちは、今までの失敗を悔い、改めて「全戦全勝」という自分たちが立てた目標を100%信じて活動することを決意したのだ。その熱い思い、強い決意は、外部からの嘲笑を弾き飛ばし、3年生以下下級生たちの心を強く引き付けるであろう。

こうして、本当の意味でKayaksの4年生へと成長した彼ら彼女らを引退させるなんて、私にはできない。昨日は、明後日に迫った北海学園大学との定期戦に関するミーティングが泉キャンパスで行われていたのだが、すぐに泉に行ってチームに合流しろと言って「引退勧告」を撤回した。

…ということが昨日あっての今日。
夕方からの練習だが、まだまだ蒸し暑い中で練習が始まった。
声がよく出ていて元気がいい。疲れているはずなのに、体の切れもすこぶる良い。
抽象的な表現かもしれないが、チームがひとつにまとまったのを、誰もが実感したに違いない。

私も、つい熱くなって、オフェンスやディフェンスの戦術的な部分にまで及んで、ヘッドコーチのみならず、選手たちを直接指導してしまった。ヘッドコーチから見れば余計なお世話だったに違いないが、彼も大目にみてくれた。リスタートを切ったKayaksに対する私の熱い思いを感じ取っていたからに違いない。

練習途中で職場に戻ったのだが、少しして、グラウンドで声援を送ってくれていたOB/OG会副会長が電話をくれた。
「今日はいい練習だった」
ただそれだけを報告してくれた。
いつも励ましてくださる先輩だが、今日も短い言葉で私を、チームを励ましてくださった。本当に感謝です。

創部35周年記念試合でもある北海学園大学ゴールデンベアーズとの定期戦もいよいよ明後日となった。
心身共に傷だらけとなったKayaksだが、最高のパフォーマンスを発揮してくれるに違いない。明後日が本当に楽しみだ!


【定期戦のご案内】
7月3日(土) 12:00 対北海学園大学ゴールデンベアーズ @ユアテックスタジアム仙台

(入場無料です。是非ご来場のうえご声援ください!)
スポンサーサイト

定期戦のご案内

いよいよ本日12時より、我が東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaksの創部35周年記念試合でもある、対北海学園大学定期戦がユアテックスタジアム仙台において開催される。

Kayaksは2週続けての試合となり、春先からの負傷者続出と相まって必ずしもベストな状態にあるとは言えないが、先週の敗戦によって自分たちのフットボールに対する熱い思いを互いに確認しあえた部員たちは、これまでよりもさらに強くまとまり、信頼しあえる良いチームに成長したように感じられる。

部員たちのご父母ご家族の皆さま、KayaksのOB/OG・ファンの皆さま、是非ともスタジアムに足をお運びいただき、両チームの真剣なプレーにご声援ください!


【定期戦のご案内】
7月3日(土) 12時 対北海学園大学ゴールデンベアーズ @ユアテックスタジアム仙台(入場無料)

対北海学園大学戦(速報)

第56回東北学院大学対北海学園大学総合定期戦、アメリカンフットボールの部の結果速報。
ユアテックスタジアム仙台で行われた、東北学院大学カヤックス対北海学園大学ゴールデンベアーズ戦は、35-7で我がKayaksが勝利した。

Kayaks - 北海学園大学
1Q 6 - 0
2Q 9 - 0
3Q 6 - 7
4Q 14 - 0
Total 35 - 7

対北海学園大学戦

昨日、7月3日(土)、非常に蒸し暑い曇天の下、北海学園大学ゴールデンベアーズとの定期戦がユアテックスタジアム仙台で行われた。

先週の敗戦以降、フットボールに対する自分たちの取り組み方を時間をかけて話し合い、共通理解を持った4年生たちが短期間で見事にチームをまとめ上げ、35-7という大差での勝利をKayaksにもたらしてくれた。この試合は、Kayaksの創部35周年記念試合という位置づけで行われたため、勝つことができて監督として本当にホッとしたが、それ以上に、部員たちがひとつにまとまって同じ方向を向き、困難な目標にもひたむきに、明るく力強く立ち向かっていく姿を取り戻してくれたのが本当に嬉しかった。

試合は、エースQBを欠いていた北海学園大学が持ち前の爆発的なオフェンス力を発揮することができず、また、道内にはない蒸し暑さに選手たちの消耗も激しく、そうした私たちにとっての「地の利」もあって思わぬ大差がついたが、内容的には、むしろ試合を通じて弱点を突かれ続けたのはKayaksの方だった。

どうしても止められないオフタックル付近のハンドオフプレーと、フラットゾーンの深いところに遅れて入ってくるレシーバーへのパス。この2つは、再三攻められながらもKayaksディフェンスはアジャストすることができず、展開によっては、スコアが逆になってもおかしくない内容だった。

また、Kayaksオフェンスも決して良い内容ではなかった。確かにゲインし、得点も重ねたが、プレーをコントロールしていたのは北海ディフェンスで、私たちが意図した方法でボールを進めていくのは非常に困難だった。たまたま北海ディフェンスのパシュートが間に合わなかったり、タックルミスがあったりで得点できたが、実力的に相手を上回っている訳では決してなかった。

その他、Kayaksはトライフォーポイントを2回も外す(3回成功)などミスも多く、まだまだ煮詰めていかなければならないことはたくさんありそうだ。

今回の定期戦はKayaksの創部35周年記念行事のひとつとして行われたのだが、同時に、「せんだいグリーンボウル」としての開催を学連から認められ、東北学連加盟大学から、会場設営や試合運営に多くの方々の協力をいただくことができた。この場をお借りして御礼申し上げます。

KayaksのOG/OGにもたくさんのご協力をいただいた。特に、今回の創部35周年記念行事を仕切る実行委員の皆さんには、グラウンドの確保から準備・撤収まで献身的にご尽力いただき、そのお陰で、私たちKayaksは美しい天然芝のスタジアムで試合をすることができた。現役部員たちも、たくさんの方々に支えられてフットボールをさせてもらえているのだということを肌で感じたはず。Kayaks OB/OGにも、心から感謝です。

場内アナウンスを担当いただいた東北学院大学放送会、力強い応援で私たちの闘志を鼓舞してくれた東北学院大学応援団、キュートな演技でスタジアムを魅了した東北学院大学チアリーディングチーム・デイジーズ、そしてスタジアムでご声援くださった部員のご家族、Kayaksファンの皆さまにも感謝です。

北海学園大学ゴールデンベアーズにも心から感謝申し上げます。
両校が取り決めた正式な定期戦期間は先週だったのに、ユアテックスタジアム仙台の日程に合わせて1週遅らせたいという私たちの我が侭を快く受け入れていただいた。様々な面で創部35周年を振りかざしてしまい、失礼なことも多々あったことだろう。この場をお借りしてお詫び申し上げると共に、心から感謝申し上げます。ありがとうございました。来年はKayaksが札幌へ伺いますので、どうぞよろしくお願いします。


【次戦のご案内】
オープン戦

7月18日(日)12時(変更あり) 14:30 対岩手大学バイソンズ戦 @泉キャンパスグラウンド

公開ギャラリーの更新

k_soneの公開ギャラリーに2010年7月3日(土)に行われた対北海学園大学定期戦と、創部35周年記念イベント「Kayaks35」、北海学園大学歓迎レセプションおよび創部35周年記念レセプションの様子を追加しました。

  • k_sone の公開ギャラリー



  • 更新再開?!

    今年1月13日(水)の記事をもって更新中断を宣言したこのブログですが、その後もちょこちょこ更新を続けていて、先月には気付かぬうちに100,000アクセスも突破していました(6月14日)。

    最近では、あまり気負わずKayaksの様子や日々感じたことなどを綴っていけばいいのかな? …なんて考えていて、そろそろ更新中断を撤回しようか、などと考えはじめていました。


    ボチボチしか更新できませんが、一応、更新中断は撤回します。

    今後ともどうぞよろしくお願いします。

    関連記事 ブログ更新中断のお知らせ 2010年1月13日(水)

    こっちも35周年

    マルちゃんのやきそば弁当。

    Kayaks同様、35周年とのことだが、あまり見かけないマルちゃんのやきそば弁当。
    ネットで調べてみたら、それもそのはず、販売地域が北海道となっている。

  • カップ焼きそばオフィシャルサイト (東洋水産)
  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。