スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ストーブリーグに向けて

今日からKayaksは練習を再開した。

再開と言っても、年内のグラウンド練習は12月6日(日)で終了の予定だ。今日を含めても4日間のみの練習だが、最終日の6日は、今シーズンの東北リーグの覇者にして、記念すべき1回目の全日本大学アメリカンフットボール選手権 東日本代表校準決勝戦に出場した仙台大学シルバーファルコンズとスクリメージ(練習試合)を行う予定だ。

仙台大とKayaksは「協力提携校」として深く交流を続けており、毎年この時期にストーブリーグと称して新チームで対戦している。今年は、先月23日に激しい試合(試合内容が激しいというより、結末が悲劇的な、という意味)を終えたばかりなので、今年のストーブリーグは遠慮させていただこうかとも考えたが、新チームを率いる3年生たちが実施を決めたのでそれに従うことにした。

練習再開に先立って行われた先月28日(土)のミーティングでストーブリーグ実施の目的あるいは目標を尋ねたところ、「やるからには勝利を目指す」と威勢の良い答えが返ってきたが、それは現実的ではない、と私が一喝した。4年生が抜けた新チームとは言え、相手は全勝で1部リーグを制した仙台大学だ。1部で全敗の弘前大学に僅差とは言え入れ替え戦で敗れたKayaksがその仙台大を相手に「勝利を目指す」とは、あまりにも大それた目標だろう。そんな目標では意味が無い。例えその目標が達成できなくても悔しさすら感じないのではないかと思った。

決して負けに行こうと言うのではない。そうではなくて、やるからには努力しなければ達成できない、いや、必死に努力すれば達成できる目標を立てて、それに向かって努力しなければ意味が無いと言っているのである。

1部の上位とどれほどの実力差があるかを知るだけでも意味があるのでは?と思われるかもしれないが、入れ替え戦での残酷な敗北のあとでは、その意味も果たして有効なものかどうか甚だ疑問である。何故ならば、Kayaksは1部で全敗したチームに敗れた訳で、仙台大とスクリメージを戦って1部上位との差を肌で感じたとしても、おそらく敗戦による心の痛手は入れ替え戦の敗北に比べれば微々たるものだと考えられるし、例え勝つことができたとしても、Kayaksが来シーズンを2部リーグで戦う現実に変わりは無く、むしろ虚しさだけが強調されると考えられるからだ。

そこで、個人的にで良いから、ストーブリーグで仙台大学と戦う目的をはっきりさせてスクリメージに臨むよう部員たちに求めた。そしてスクリメージ後に、その目的をどの程度達成できたのかを個人的にで良いから自分で言えるように準備しなさいと。そうすれば、勝っても負けてもストーブリーグを実施する意味がある。

練習再開の今日は、私は仕事の都合で練習を見に行くことができなかった。果たして誰がどういうリーダーシップを発揮し、どんな雰囲気で練習をやり終えたのが大変興味深い。
スポンサーサイト

冷たい雨の中

20091203222609昨日は良く晴れて暖かな一日だったが、今日の仙台は昼頃から雨が降り始め、練習は冷たい雨が本降りの中行われた。

私は今が仕事の繁忙期ということもあって、練習が始まって30分ほど過ぎた頃にグラウンドに到着したのだが、どしゃ降りとは言わないまでも、気温が低く冷たい雨が降る中、新チームは少ない人数ながら声がよく出て、真剣に練習に取り組んでいるように私には見えた。

余りにも寒かったため体調管理に不安を感じ、今日やらなければならないことだけにメニューを厳選し、練習を早めに切り上げるよう部員たちに指示したところ、重視したいポイントが即答で返ってきたので、お!なかなかやるな!?…と感じた。

私は今日はスタンドの上の方から練習の様子を見ていたが、一番印象的だったのは、やはり新主将の頑張りだ。彼はこれまでもチームで最も元気な選手のひとりだったが、主将になって、これまで以上にみんなに声を掛け、グラウンド狭しと走り回り、チームをぐいぐいと牽引しているように見えた。

逆に言うと、他の部員たちが若干それに甘えているとも言え、2010年シーズンに向けて体制新たにスタートを切ったばかりのチームにしては、ややこじんまりとした印象を受けた。

明日は練習は休み。冷えて疲れた体を癒して、日曜の仙台大学とのスクリメージに向けて体調を万全に整えて欲しい。

今日の夕食

20091204194334アンパンマン 生協にて 110円

アンパンマンなのに、中身はチョコ!

  • みくどーる


  • 関連記事 今日のランチ 2009年4月28日(火)

    新主将挨拶

    2010年シーズンのKayaksを率いる第35代主将、小笠原 淳(おがさわら まこと・教養学部3年)がKayaks掲示板にメッセージを書き込んでいたのでご紹介。皆さんもどうぞ応援メッセージを書き込んであげてください!

  • Kayaks 掲示板


  • Re:お疲れさまでした! - #51 小笠原 淳

    2009/12/04 (Fri) 01:58:38
     ご返事が遅くなってしまい申し訳ございません。
    この度新主将を務めさせていただくことになりました。3年目小笠原淳です。
     12月2日(水)より、ストーブリーグ対仙台大学に向け新チームでのグランド練習を再開しました。入れ替え戦を以って4年生が引退してしまうことは前々から分かってはいましたが、いざ4年生が引退し、私たち3年生がチームを率いていくことになり正直、不安や戸惑いでいっぱいです。4年生の存在の大きさを改めて身にしみています。
     自分の入部のきっかけは今の4年生3人でした。部活の先輩であり寮の先輩でもある3人の先輩方の思いを必ずつなぐべく、日々精進していきたいと思います。
     今後とも新kayaksをよろしくお願いします。

    リーグ戦表彰

    20091205235943今日は第34回東北学生アメリカンフットボールリーグ戦の表彰式があった。

    Kayaksから表彰されたのは次のとおり。
    2部リーグMVP 岡市良太(3年 クォーターバック)
    最優秀ディフェンスライン 小笠原淳(3年 ディフェンスエンド/オフェンスタックル)
    敢闘賞 佐藤大輔(4年 ラインバッカー/フルバック)

    写真は学連の落合理事が撮影してくれたもの。
    左からMVPの岡市、敢闘賞の佐藤、そして2部リーグ優勝の賞状を持つ武田亘倫前主将。

    スクリメージ(対仙台大学)

    20091207012542昨日は夕方から相当強い雨が降った仙台だったが、今日は朝は曇っていたが次第に晴れ、仙台大学シルバーファルコンズとのスクリメージが始まる頃には、風がやや強く吹いていたが、きれいな青空が広がっていた。
    しかし、グラウンドコンディションは悪く、今日は仙台大学の第2グラウンドでスクリメージを行ったのだが、ところどころかなりぬかるんでいた。

    お互い4年生が引退した新チームで臨む初めてのスクリメージだったはずだが、やはり格の違いを見せつけられてしまった。結果から言うと、7-51の大敗。しかも、ほとんどのタッチダウンを一発の独走で敵陣30ヤード前後から奪われており、今年の春のオープン戦で同じ様な内容の失点をしてからずっと取り組んできたはずのディフェンスの課題が、全く解決されていなかったことをはっきりと見せつけられた。

    20091207012539今日はKayaksのスタッフも新体制で臨んだが、準備不足は否めず、とは言え、それは言ってはならない言い訳なはずで、やるからには万全を期すべきであったと強く思う。そうでなければ、今日のスクリメージを行う意義は無かったはずで、やると決めたのが例え前日だったとしても、時間が無かったというのは言い訳にはならない。まだ、新体制の役割分担が曖昧で私の指示が行き届かなかった部分は個人的な反省が必要だが、部員たちに対してこうした不適切な体制でスクリメージに臨ませてしまったことを我々コーチングスタッフは素直に反省し、真摯に改善していかねばなるまい。

    良いところが全く無かった訳ではない。自陣エンドゾーンを背にしたディフェンスでラインが奮起し、それまでなかなか止められなかったインサイドアタックをロスタックルした時の出足の鋭さ、ヒットの低さ、強さ、ボールへの集まりなどは、十分に来シーズンへの手応えを感じさせるものであった。

    仙台大学はさすが今シーズンの1部リーグ優勝チームで、新チームとなっても、組織力では既に1部リーグ随一の力を持っているだろうと感じさせてくれた。攻守共にもちろん素晴らしいプレーの連続だったが、私が一番感心したのは、トライフォーポイントでスナップが出てからキッカーがボールを蹴るまでの時間の短さだ。あー、これが1部レベルだよなー、と思わずつぶやいてしまうほどで、いかに自分が2部リーグの「トロさ」に慣れきっていたかを気付かされた。フットボールの戦術・戦略より先にやるべきことがまだまだあるな、と実感した出来事だった。

    今日は、今朝になって会場となるグラウンドが変更になったにも関わらず、高橋公晴OB/OG会副会長が応援に駆けつけてくれた。また、いつもご声援いただいている部員のご家族もいらしてくれて、心強かった反面、準備不足でみっともない姿をお見せしてしまって、本当に申し訳ない思いだ。しっかりと反省し、これがリーグ戦でなくて良かったと思えるように修正していきたい。ご声援、ありがとうございました。

    また、今日は久しぶりに恩師である仙台大監督とスクリメージ前後の短い時間であったがお話する機会を得、レベルは違えど監督という同じ立場に立つ者として労いの言葉までかけていただき、恩師に比べれば圧倒的に未熟な上に努力も僅かでしかないが、報われた思いだった。恩師の最初の教え子のひとりとしてなかなか結果を出せずに無念だが、信念を持って大業に取り組み、恩に報いるつもりだ。

    2009年のKayaksの活動は、今日のスクリメージでひと段落。グラウンドでの全体練習はおしまいだ。近日中にミーティングを行った後、来シーズンに向けて最も大切な基礎体力づくりを始める。今はまだボンヤリとした目標だが、基礎体力だけでは「少なくとも東北ナンバー1」を目指そうかと考えている。今後ともKayaksの活動にご注目いただき、ご声援くださいますよう、お願いいたします。

    関連記事
    スクリメージ(対仙台大学) 2006年11月26日(日)
    スクリメージ(対仙台大学) 2007年11月18日(日)
    スクリメージ(対仙台大学) 2008年6月29日(日)
    スクリメージ(対仙台大学) 2008年11月23日(日)
    対仙台大学戦 2009年7月6日(月)

    公開ギャラリーの更新

    スクリメージ(対仙台大学)k_soneの公開ギャラリーに2009年12月6日(日)に行われた仙台大学シルバーファルコンズとのスクリメージの様子を追加しました。

  • k_sone の公開ギャラリー

  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。