スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飲み会

20090805000621全体練習再開を明後日に控え、今日は2年生に招待されて飲みに出掛けた。

2年生たちのざっくばらんな話が聞けて、楽しかったし有意義だった。

ますます、明後日の練習再開が楽しみになった!
写真は、もんじゃ焼きを作る手つきも「うさんクサい」Kじろう。笑
スポンサーサイト

前夜祭

今日は仙台七夕の前夜祭。
私はだいぶ以前に一度しか見に行ったことがないが、今日もどんよりとした曇り空の中、恒例の花火大会が行われたようだ。

さて、Kayaksの全体練習再開も明日となり、今日は言ってみれば前夜祭?!
ようやく練習メニューの詳細も決定し、あとは明日の練習開始を待つのみとなった。約1ヶ月間の自主トレ期間に、みんなどれだけ体を大きくすることができたのか、明日みんなに会うのが本当に楽しみだ。

今年は夏休みの開始が遅かったため、合宿前に4日間しか練習時間をとることができなかった。なので明日から全力で練習に励むことになる。この1ヶ月のオフに体を動かしてきたのかどうか、その差は歴然としたものとなって現れる。

そういう私も、過去に無いほど体づくりをせずに夏を迎えてしまった。リーグ戦まで息継ぎ無しで乗り切ることができるかどうか、少々不安ではあるが、一部昇格を目指して全力で部員たちと向き合っていく覚悟だ。

皆さん、どうぞご声援ください。

全体練習再開

20090807015725約1ヶ月間の長い試験オフを終え、今日、Kayaksの練習が再開した。

今シーズンのKayaksは、一部昇格が最大の目標であり、最低の目標でもある。二部で1位になるのは当然、一部で負け越したチームを破らなければならない。これには、それ相当の準備と覚悟が必要な訳で、昨日までの1ヶ月間を1日たりとも無駄に過ごせることは無いハズだった。

しかし、その準備と覚悟を怠っていた選手たちの多さに、今日は落胆せざるを得なかった。

今日の仙台は昼まで太陽が雲に隠れ、午前中は涼しくて練習日和だった。にもかかわらず、暑さに参ったしてしまう選手がいて、あるいは、足のツる選手がいて、あるいは、アサイメントを間違う選手がいた。仮にもリーグで一番になろうというチームとしてはあるまじき事態! こんなチームを指導していたのかと思うと情けなくなってしまった。

何よりも、精神的心構えを正さずしてグラウンドに立った部員がいることが腹立たしくさえあった。自分自身がやる気さえ持てば、一瞬にして準備できるであろうことをやらなかったというのは、戦わずして敗れたも同然。そんな弱さを持つチームが我がKayaksだと思うと、震えてしまうほど悲しくなる。

今日の練習を終えて、合宿前の1/4を消化してしまった。
あとはいかに部員たちが自分たちで気持ちを高めていくことができるか、「男の子」から「男」になれるか、であろう。我がKayaks部員諸君の建て直しに期待しよう。

全体練習再開初日、忙しい仕事の合間を縫って、ディフェンス担当コーチと警視庁で働くOBがグラウンドに駆けつけてくれた。本当に有り難い。部員たちはまだ学生だから、社会人がグラウンドに来ることがどれほど大変なことかわからないであろうが、こうしたOB/OGがKayaksにはたくさんいるということに心から感謝し、その労苦に報いるためにも、自分たちの為すべきことに全力を尽くして欲しいと思う。

明日も頑張ろう!

夏練習2日目

20090807223732夏練習2日目、今日の仙台は朝から霧雨が降る涼しい天気。練習中盤はやや強めの雨も降ったが、がっちり走れる練習日和だった。

昨日、練習再開に向けた精神的準備不足をキツーく私に指摘されたKayaksの部員たちだが、今日はまぁまぁ士気を高めてきたようで、昨日よりは良い雰囲気で練習することができた。それでもまだ、全体がひとつにまとまっているとは言えず、「群雄割拠」と言えば聞こえは良いが、要はリーダー不在といった印象である。

昨日の練習再開以来、私が特に意識して取り組んでいるのは、個人的スキルの向上である。昨シーズンのリーグ戦と今年の春のオープン戦で予想以上に良い戦績をおさめることができたKayaksだが、決して実力が伴っているとは私は思っていない。今シーズンの目標である一部昇格を実現するには、昨シーズン以上の戦力を身に付けなければならず、その基本は、個人的スキルをこれまで以上に向上させることにある。

このための取り組みとして、ラインメンを除いてパートメニューを大幅にリニューアルし、これまで以上に各ポジション固有の技術の向上に時間を割くことにした。これまではどちらかというと各ポジション間の連携に重点を置いていたメニューだったので、Kayaksの選手たちはスキルレベルが他チームに比べ若干劣っていた印象がある。それを今年は一気に引き上げ、スキルレベルでも他を圧倒しようということである。

ラインメンのみメニューをリニューアルしなかったのは、私がラインメンのパートメニューに自信を持っているから。ラインだけは、育て上げるノウハウを持っていると自負している。というか、この自信が無かったら、私はコーチなんかしていられないだろうさえ思う。

個人的スキルの向上の他に、戦術的な面でも改善に取り組み始めた。特に私たちのオフェンスに対しては相手チームもかなり研究してくるであろうから、アサイメント等をより煮詰めていって、完成度の高いプレーに仕上げていこうと考えている。

練習再開2日目にして、早くも怪我人を出してしまった。1年生だ。私の判断ミスというか、もっと時間をかけてじっくり育てても良かったのかもしれないという反省もある。しかし同時に、リーグ戦までに育て上げなければならないという思いもあり、複雑だ。とりあえず、負傷者には一日も早い復帰を祈り、同時にこれ以上怪我人を出さないような工夫をしていきたいと思う。

スピード・デー

20090808234553今日の練習は「スピード・デー」。Kayaksの弱点のひとつであるスピードを向上させるために設定した特別な練習メニューの日だ。数年前から計画してはいたが、今年の春のオープン戦での失点のほとんどが、敵陣深くからの独走タッチダウンによるものだったため、合宿直前の大事な時期ではあるが、「スピード・デー」を初めて実施することにした。

この日のために、本学体育会陸上競技部OGのY田氏にコーチを依頼し、股関節の可動域を改善すると共に、速筋を刺激してスピードを向上させるメニューを作成いただき、今日は直接、熱心にご指導いただいた。

陸上競技のファンダメンタルはアメリカンフットボールのそれとは全く違うが、単純に「速く走る」ということに関して言えば、陸上競技の方がはるかに優れている。そこで、その違いがあるということを各自十分理解した上で、今日は陸上競技のファンダメンタルを習得するよう心掛けた。

使う用具は、ラダーやミニハードルといった普段の練習でも使っているもので、メニュー的にもほとんど同じだったが、やはり基本的な考え方が全く違う。例えば、フットボールでは基本の姿勢であるFFP(フットボールファンダメンタルポジション)も、陸上競技では全くダメな姿勢となる。普段、徹底的に基礎を叩き込んでいることが今日は災いし、なかなかFFPの姿勢から抜け出せない選手がたくさんいた。

オモシロいメニュー(選手にとってはキツいメニュー!笑)もたくさん紹介いただき、私自身、技術的な部分でY田コーチに教わることが多く、大変ためになった。選手たちも目新しいメニューで刺激になっただろうし、3時間以上ずっと走ったり跳んだりしてたので相当疲れただろうが、同時にスピードを向上させるためのヒントに気付けたのではないかと思う。

今日の1回きりの練習でスピードが向上する訳ではないが、この経験を活かして日々の練習で努力すれば、必ず効果がある。リーグ戦に向けて、非常に良い経験をすることができた。

Y田コーチには熱心にご指導いただいて本当に感謝です。また機会がありましたら、是非グラウンドでご指導ください。ありがとうございました。

合宿前最終日

20090809220701合宿前練習最終日の今日も、仙台は小雨が降り続く涼しい天気。走り込むには都合良いが、夏はやっぱりカーッと暑い方がいい!?

今日はオフェンス担当コーチとOB2人が防具を着けて練習に参加してくれたので、久しぶりに11人対11人のチームドリルをすることができた。そのため、秋のリーグ戦用のオフェンスプレーを初めて実戦に近い形式で試すことができたが、チームドリル前のパート練習である程度コンビネーションをすり合わせていたので、初めてにしてはなかなか上手に展開できていたようだ。

夏の練習再開以降、練習時間がやや長くなってしまっている。少々欲張ったメニューを組んでしまったようで、昔ならごく普通の練習時間だが、様々な制約がある現在の環境では長過ぎる。合宿中に調整して、長くても2時間半で終わるようにするつもりだ。

明日1日休んで、明後日からKayaksは長野県の戸隠高原で夏合宿を行う。関東地方のいくつかの大学チームとスクリメージ(練習試合)を行いつつ、秋のリーグ戦に向けて戦術と戦略を煮詰め、そしてもちろん個人的スキルを向上させていく計画だ。実りある合宿となるよう、私自身の持つ力を全て出し尽くすつもり。皆さん、どうぞKayaksにご声援ください!

合宿入り

20090811221416今日からKayaksは夏合宿。練習は明日からだが、昨年からお世話になっている長野県戸隠のロッヂかたくりへ今日入った。

朝8時に泉キャンパスに集合し、雨の中バスへ荷物を積み込んで8時20分頃出発した。
部員が昨年より増えたので2台の中型バスに部員を分乗させ、Kayaks OB審判員のノブ佐藤にも運転手をお願いして、私とノブの運転で泉インターチェンジから東北自動車道へ入り、一路長野県へと向かった。

途中何度かトイレ休憩をはさみながら、東北道→磐越道→北陸道→上信越道を走って、15時40分頃、ロッジかたくりに無事到着した。昨年とほぼ同じ約7時間半もかかってしまったが、特に渋滞もなく流れはスムーズで、何より事故無く2台とも到着できてホッと一安心だ。

ロッヂかたくりのご主人にご挨拶した後、早速ミーティング開始。
明日以降のタイムスケジュールを確認し、それから恒例とも言えるプレーブックの朗読を行った。少なくとも年に一度はプレーブックの「前文」を部員たちに朗読させている。アメリカンフットボールとは何か? なぜフットボールをするのか? 「勝つ」ためにはどうすべきか? など、名言・名文を引用するなどして、私はここにKayaksのフィロソフィーを記している。このプレーブックの「前文」こそが、Kayaksフットボールのファンダメンタルであり、全てであると言っても過言ではない。

19時からは楽しい夕飯タイム♪
ロッヂかたくりの食事は本当に美味しい。しかもボリュームもある。しかし、それ以上に部員たちの食欲は旺盛で、大きな炊飯ジャーに入ったご飯をペロリと平らげ、ジャーで3回もおかわりした。明日からは、おかずを一品減らしてでも、ご飯をたっぷり炊いて欲しいとお願いしておこうか?!

さて、これから夜のミーティングだ。
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。