スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地下鉄にて

今日の仙台は雨。ワケあって、地下鉄で出勤した。
混雑する時間帯ではなかったので、座席に座れはしなかったが、立っている人同士が触れ合わずに済む程度の乗客数だった。

いつも地下鉄に乗る時と同じように、真っ暗な窓をただボーっと眺めて立っていたのだが、ふと視線をずらして驚いた。おそらく私と同じか若干年長と思われる女性が化粧をし始めたのだ。

「電車やバスの車内で平気で化粧する若い女性が増えた」
…と、否定的な話題として話されるようになって久しいが、「若い女性」もずいぶんと年だけは重ねたようで、残念なことに年齢と共に常識(マナー?)を身に付けることはなかったようだ。

仕事と主婦の両立で忙しいんだから時間の節約として地下鉄車内で化粧ぐらいしたっていいじゃない、という声も聞こえてきそうだが、化粧する時間ぐらい早起きできないなら、無理せず仕事か主婦のどちらかを辞めた方がその人のためじゃないかと思う。

女性蔑視では決してない。
私は髭剃りが面倒で仕方ないが、その分ゆっくり寝ていて地下鉄車内で剃ろうとは思わない。もしそういう人がいたら、化粧と同じように不快に感じることだろう。

「車内でナゼ化粧しちゃいけないの?」
と、納得できる理由を求める方もおられるかもしれないが、ただまわりの人が不快に感じるから、という理由で十分だと思う。

私は職場で窓口業務を担当していて、毎日たくさんの学生と対応するが、中には帽子をかぶったまま、あるいはガムを噛みながら、あるいはヘッドホンを耳に着けたまま、話し出そうとする者もいる。そうした時は必ず、帽子を脱がせ、ガムを出させ、ヘッドホンを外させてから話を聞くことにしている。そうする理由を問われたことはないが、もし問われたら「少なくとも目上の人と話す時は脱帽すべきだし、物を口に入れたまま話すべきではないし、ヘッドホンを着けたままではこちらの話を聞こうとする態度には見えないから外すべき」と答えるだろう。理由なんかそれで十分。

スポーツのルールは、安全にその競技を楽しむためにできたものがほとんどだろう。なので、よく考えればどうしてそうしなければならないか、どうしてルールを守らなければならないかがわかるが、中にはわかりづらいものもある。しかし、ルールは絶対。何で?と心の中で思っていても、アメリカンフットボールのオフェンスチームは、プレー開始前に1秒間以上静止しなければ罰退させられてしまう。

地下鉄車内がヒマだったせいか、いろんなことを考えてしまった。
ご意見がございましたら、コメントをお寄せください。
スポンサーサイト

前期最後のグラウンド練習

来週からオフ(試験休み)に入る予定なので、昨夜の練習は前期最後のグラウンド練習。いつも来てくれるRB/LBコーチとOB、それにオフェンスコーチが来てくれて、グラウンド状態は決して良くなかったが、コーチたちの熱心な指導のお陰で良い練習をすることができた。

それぞれ仕事の都合もあって、なかなかコーチが揃って指導することはできないが、グラウンドに来れた時に出し惜しむことなく選手たちを指導してくれればいいと私は思っている。久しぶりだからと言って、コーチが遠慮することないし、選手たちも消極的になる必要はない。互いに目標はひとつ。勝利に向かって全力で突き進むのみだ。

それにしても、現役時にクォーターバックだったオフェンスコーチが来てくれると心強い!
昨日も、なかなか思いどおりにできずにいたプレーを、たった数回繰り返しただけで私のイメージどおりに仕上げてくれた。お陰でプレーに奥行きが生まれ、秋のリーグ戦がますます楽しみになった。


明後日の日曜、7月5日は仙台大学とのオープン戦が控えている。(16:00開始予定)
まだ、正式なオープン戦となるかスクリメージとなるか不確定なところもあるが、1部リーグの強豪チームである仙台大学シルバーファルコンズと春に激突できるかと思うとワクワクしてしまう。

私の第2期監督の始まりは仙台大学とKayaksの合同チームだった。
どちらも部員数が著しく減少したためリーグ戦に参戦することができず、合同チームとなって東北社会人リーグに参加させていただいた。
2002年のことだから、今から7年前か。
今思い出すと懐かしいが、当時は苦しく辛く虚しかった。しかし、部員たちの頑張る姿に励まされ、ここまでKayaksを存続させてくることができた。と言っても、苦しい時代を乗り切ってこれたのは私の力ではない。部員たちのフットボールに対する熱い情熱とOB/OGたちのKayaksへの想いが、チームを消滅させることなく、今日まで存続させてきたのだ。
その後、仙台大学はいち早く復活を遂げ、誰もが1部リーグの強豪と認めるチームに成長した。遅ればせながら、我がKayaksも今シーズンは1部昇格を目標とするチームになることができ、そして明後日、春のオープン戦で仙台大学と戦うことができる。秋のリーグ戦で戦えれば尚嬉しいが、部員数がある程度いなければできない春に試合ができるというのも私には嬉しい。


現役部員にとってはそれも昔話。
私もまだ現役の監督なので、話題を現在に戻そう。

想定上、先週までで「リーグ戦」は終わり、明後日が「入れ替え戦」だ。
疲労もピーク、負傷者も多い中、1部リーグのチームと戦って勝たなければ昇格できない。
春はその予行演習。失敗すれば夏に修正し、成功すれば夏はさらに上を目指す。ただそれだけのこと。

がんばろう、Kayaks!

明日が楽しみ!

今日は仙台大学戦の前日練習。昨日の夜から降り続いていた雨が昼過ぎに上がり、まずまずのコンディションでプレーや交替メンバーの確認をすることができた。

グラウンドのコンディションはまずまずだったが、選手たちの精神的な準備は整っていなかったように感じた。そのせいか、気合い入りまくりの私と差があり過ぎて、ついついカリカリしてしまう。彼らから見れば、「そんな熱くなるなよ」と思ったかもしれないが、私は焦ったり動揺したり怖れたりしてカリカリしていたのではなく、明らかに格上である仙台大学を打ち負かそうと真剣に考えていただけで、だからこれまでと同じようには必然的にできなくなっていただけだ。

このように、物事を多方面から具体的に真剣に考えるということを、特に4年生たちには早く理解して欲しいと思っている。今ここで格上のチームに勝つことを決意し、そのためにすべきことを具体的に真剣に考えるという練習をしなければ、秋の本番では、「勝てる相手」には勝てるが「勝てない相手」には勝てなくなってしまう。当たり前のことではない。真剣に考えて練習に取り組み、肉体的精神的準備をしっかり整えれば「勝てない相手」にだって勝つことができる。「勝てない」と思うのは、相手をある一面からしか見ていないからで、さまざまな面を見て準備をすれば、勝つことができるようになる。

こうした考え方はフットボールだけでなく、普段の生活、大学を卒業して社会に出てからも大いに役立つはずだ。勝ち負けを言っているのではない。人間も含めて物事は多面体であり、ある一面だけを見ていては理解することなどとてもできないということだ。

さて、明日の試合前練習がどんな雰囲気で行われるのか、楽しみだ!

対仙台大学戦(速報)

オープン戦の結果速報。
仙台大学人工芝グラウンドで行われた今日の試合、東北学院大学カヤックス対仙台大学シルバーファルコンズ戦は、28-50で我がKayaksが敗れた。

 Kayaks - 仙台大学
1Q 0 - 14
2Q 7 - 3
3Q 7 - 14
4Q 14 - 19
Total 28 - 50

Re: 対仙台大学戦(速報)

先週の試合で負傷し、現在入院中の選手に仙台大戦の結果を報告したところ、嬉しい返信をもらったので公開しよう。本人には…事後承諾を取ります!

>速報ありがとうございます。
>
>28‐50でKayaksが負けたと知って、負けとはいえ自分はとてもうれしかったです。
>
>現役時に仙台大に『勝つ』というのが個人的な目標の1つであり、入部してから今までに仙台大から得点できていなかったことから考えれば、今後のモチベーションをあげる上で今回の試合はKayaksにとってきっと追い風になってくれると思います。速報を聞いて励まされ、自分も思わず腹筋と腕立て伏せをせずにはいられませんでした。
>
>自分の近況報告は、病院で守衛室のおじさん(64歳)とお知り合いになったのですが、おじさんは元レスリングのインカレ2位だった選手でもあります。たくさんお話をしてくださり、とても充実した病院生活を過ごしています。「病院だって工夫次第でなんぼでもできることはある」と叱咤激励されています。
>
>Kayaks最高です。ありがとうございます。失礼します。

対仙台大学戦

先週は雨の日が多かったが、昨日は明るい曇り空で時折青空も顔を出し、少々蒸し暑いぐらいの陽気。春のオープン戦の締めくくり、仙台大学シルバーファルコンズ戦は、その暑さを避けようと夕方16時から仙台大学の人工芝グラウンドで行われた。

試合は各クォーター20分流しで、第2、第4クォーターのラスト2分が正式計時。審判も3名だけというスクリメージに近い形で行われた。

仙台大学のキックオフで始まった試合は、地力に勝る仙台大が立て続けにタッチダウンを上げ、我がKayaksはやや意気消沈気味。オフェンスはそこそこドライブできるものの、相変わらずミスもあって自滅し、なかなか得点に結びつかない。
しかし、第2クォーターに入って流れがKayaksに傾き、ついに、ようやく、仙台大学からタッチダウンで得点することに成功した。

あとで考えたら、仙台大からは久しぶりの得点(現役部員にとっては初得点?)だったのだが、この時はそんなこと思い出しもしなかった。単なる、この試合「1つ目の」タッチダウンに過ぎない。恩師率いる格上のチームに胸を借りに来たのではない。今日は勝ちに来たのだ。…そんな決意で臨んでいたので、一喜一憂せず、試合に集中できていたのだろう。

Kayaksはその後もタッチダウンによる得点を加えることができたが、それ以上に仙台大が得点し、終わってみれば試合は28-50の大敗。やはり、1部強豪チームとの実力差は相当大きいと実感した。

オフェンスは上出来だった。しかし、ピッチボールがランニングバックの手につかない場面や、クォーターバックのパスが乱れる場面が何度かあり、チャンスに自滅して攻守交替という場面が目立った。いわゆる「経験不足」というものか。「ここが大事」という場面で、いつも以上に集中して絶対に成功させるという緊張感・集中力が無い。あるいは「ここが大事」という共通認識をチームとして持てていないのかもしれない。選手個々のパフォーマンスはこの1、2年で相当上がったが、こうした精神的な成長が伴っていない。ファンブルしないなどといった技術の向上も今後必要だが、1部リーグへ昇格するためには精神的な成長が必要不可欠だろう。

ディフェンスは良くなかった。50点も失点したのだから当然の評価だが、何よりロングラン(独走)によるタッチダウンを再三許したことは、これまでディフェンスチームに与えていた高い評価を全て打ち消すに値する。全体的には良く守っていたが、どんなに相手の攻撃を遅らせても、時折ロスタックルに成功しても、たった一度の独走で6点を献上してしまうのでは試合に勝てない。先々週の日大工学部戦での失点も独走によるもの。たった一度の独走でもそれを反省し、この1週間で立て直すことができなかったのは残念でならない。コンテイニングユニットという考え方を正しく理解し直し、ディフェンスは一から出直すほどの覚悟で夏の練習に臨まなければなるまい。

Kayaksは昨日の仙台大学戦で前期の全体練習は終了し、試験オフに入った。オフと言っても休みではなく、全体では集まらずにグループごとに集まってウェイトトレーニング等を行うということ。試験オフ明けに筋肉の鎧を身にまとい、ひと回り(ふた回り?)大きくなった選手たちと再会するのが楽しみだ。


今年の春のオープン戦は3勝1敗。たくさんのKayaks OB/OG、部員のご家族、Kayaksファンに応援いただき、上出来すぎる春を過ごすことができました。試験オフを挟み、夏にはさらに精進して秋のリーグ戦に臨む覚悟でおりますので、今後ともよろしくご声援ください。

公開ギャラリーの更新

k_soneの公開ギャラリーに2009年7月5日(日)に行われた対仙台大学シルバーファルコンズ戦(オープン戦)の様子を追加しました。

  • k_sone の公開ギャラリー

  • ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。