スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

活動開始

20090301195218遅ればせながら、Kayaksは今日、2009年シーズンの活動を本格的に開始した。

と言っても、今日はミーティングとウェイトトレーニングの記録会。
ミーティングではおおまかな年間計画と6月までの予定、3月の練習メニューについて打ち合わせを行い、記録会では昨年末から続けてきたウェイトトレーニングの成果を発揮した。

これまでは私がだらだら話すことが多かったミーティングだが、昨年末ぐらいから主将が中心となって行うようになり、部員主体の本来の形に戻りつつある。まだ補足や手助けが必要だが、徐々にクラブとして成長していることがはっきり見て取れる。

ウェイト記録会の方は、もうみんな慣れてきているので安心して見ていられる。記録自体はまだまだ不満だが、右肩上がりで伸びているのは確かだ。このままモチベーションを上げていって、フィジカル強化に一層力を注いでいくつもりだ。

明日はグラウンドでの練習初日。どんな動きを見せてくれのるか楽しみだ。
スポンサーサイト

グラウンド練習初日

20090302162834今日の仙台は、晴れてはいたが冷たい風が強く、寒い一日だった。
今日はグラウンド練習初日。やむを得ない事情で来れない部員を除いて、全員元気にグラウンドに集まっていた。

今月の練習目的は技術の改善。ファンダメンタルを中心に、昨年のリーグ戦の頃と同じ状態まで早めに引き上げていこうと考えている。初日の今日は、久しぶりの練習なのでメニューのポイントなどをおさらいしながら、やや長めの3時間余の練習時間となってしまった。

思ったとおり、かなり動きは鈍かったが、思った以上に声はよく出ていた。今シーズンは昨年以上の成績をおさめようという部員たちの強い意気込みが感じられて気持ちが良い。

今日は私も「春休み」をいただいてグラウンドに駆けつけたが、ラストメニューの2,000ヤードダッシュでまたまた古傷を傷めてしまった。チームは成長し、監督は老いていく…

二流以下↓

昨夜遅くから雪が降り積もり、今朝の仙台はすっかり雪景色となっていた。朝には雪は止んでいたし、気温もそれほど低くなかったので、雪はすぐにとけて無くなるだろうとは思ったが、グラウンドは使用できず、早めにウェイトトレーニングへ切り替えるよう主将と連絡を取り合った。

返ってきた答えは、上履きを持ってきていない部員が多数いるとのこと…。

常にウェイトトレーニングができるように準備をしておけと、昨年もその前もずっと言ってきているのに、少し時間が経つと忘れてしまう。経験したことの積み重ねが無い。これでは本当に強くなんてなれるはずがない。取り組み方が二流以下だ↓↓

何をすべきか

今日の仙台は午後から晴れたが、午前中は雪もちらつき、練習は強い風が吹く寒い中で行われた。

グラウンド練習は今日で3回目。徐々に体が慣れてきた選手も出始めたが、まだまだ動きは鈍い。しかし声はよく出ていたし、明るく良い雰囲気で練習に取り組んでいた。

練習前半は基礎体力を向上させるためのSAQやランメニュー、パートではファンダメンタルにひとりひとりこだわって個人技術の改善を目指し、後半のドリルでは、4月に行う新入生歓迎イベント「TGボウル」用のプレーを繰り返し反復して確認している。

今日もパートはラインメンの練習を見ていたのだが、なかなか良い感じに動いていた。この時期は、力強さよりも正確な足さばきや手の使い方にポイントを置いて指導しているが、個人差はあるにせよ「自分が今何をすべきか」を正しく理解したうえで練習に臨んでいるようだ。

工夫不足

今日の仙台は昨日に比べ暖かで、穏やかな空模様。この時期では絶好の練習日和だった。

今月初めての日曜練習ということもあって、攻守のコーチが2人顔を出してくれて、昨日よりさらに活気ある練習をすることができた。事情があってなかなか練習に参加できない部員も揃い、声もよく出ていて良い練習をすることができた。

今日気になったのは、4年生たち幹部の練習に対する工夫が足りないということ。紙に印刷された練習メニューをコーチから与えられて、そこに書いてあるとおりやっただけでは大学生のクラブとしては物足りない。メニューの行間にこめられたコーチの熱意や意図を自分たちで感じ取り、工夫し、より良い練習にしていこうという決意を持ってグラウンドに来て欲しい。

例えば、メニューとメニューのつなぎ目。その2つの練習には連続性があるにも関わらず、精神的にひと息ついてしまおうとする。真夏なら仕方ないが、この時期ならわざわざ時間を取って水を飲む必要が無いところでも形式的に時間を取ってしまう。こうした誤りはコーチに教わらなければわからないことではなく、何冊かスポーツ関連の本を読めば必ず書いてあることだ。自分たちで物事を「追求」しようという姿勢が欠けているのではないかとすら思えてしまう。

自分たちが短い時間で練習を終えなければならない環境に置かれているにも関わらず、質を維持して短時間で終わらせようという工夫もできていない。グループを細かく分けたり、ハドルの時間を短くすれば、質も量も確保することができる。これまでも何度も言ってきていることだが、グラウンドはミーティングの場ではない。短い言葉で確認しあうのは大切だが、どうしたらもっと数多くプレーできるのか、ということについて、もっと工夫すべきだろう。

しかし、今日は声が途切れることなく、元気があって良い練習だった。

OBからのメッセージ

大学卒業後、自分の目指す進路へ向かって努力していたOBからメッセージが届いたのでご紹介。
彼は1年間専門学校へ通って、見事目指す職場に就くことができた。春からまた頑張ってくれな!

> 自分は本日、専門学校の卒業式を迎えました。
> この1年は、カヤックスに入部していなかったら、途中で投げ出していたかもしれません。
> 練習のラストメニューがここで活かされた気がします。
> 監督、カヤックスには本当に感謝しています。
> ありがとうございました。

松島泊

今日は仕事で学生たちと日本三景松島に泊まっている。
私は生まれも育ちも仙台なので、松島は気軽に30~40分のドライブで来れる。近すぎて泊まったことが無い。おそらく初めてだ。

松島には以前は温泉が無かったが、つい最近、温泉が掘り当てられた。このホテルも温泉だ。部屋からは松島の美しい景色が広がり、風呂は温泉。近すぎてやはり泊まる気にはならないが、意外と良いかもしれない。

20090311211615今日の食事。
昼食はカレー。
20090311211613夕食はトンカツと牛すじの味噌煮込み。写真には写っていないが、カレイの煮付けと、デザートに洋梨のシャーベット。
20090311211610
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。