スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回GB合同練習

今日は、6月8日(日)にユアテックスタジアム仙台で行われる「せんだいグリーンボウル」に出場する東北学生選抜チームの第2回合同練習が本学泉キャンパスで行われた。

11時半から全体ミーティング、引き続き攻守分かれてミーティングを行い、13時からグラウンドで練習を行った。前回の合同練習以降にオフェンスはプレーを大幅に追加したため、始めはウォークスルーでアサイメントの確認を行い、それからディフェンス選抜チーム相手にスクリメージを行った。

さて、その内容は…というと、うーん、どうもしっくりこない。というか、前回感じた元気の無さや消極性が、遠慮というよりも自信の無さからくるものなのかも?と思わせるような内容だった。もちろん、各大学を代表してオールスターチームに参加している選手たちだから皆ポテンシャルは高く、随所に好プレーを披露してくれるのだが、何かピリッとしないものを感じてしまう。

いよいよ試合は来週だ。今日の練習では、私自身も新しいプレーの特徴や意図を把握しきれずにチグハグなプレーコールをしてしまった。明日からの1週間でしっかりゲームプランを練り直し、選抜選手たちの個性や能力を引き出して勝利に貢献できるように頑張ろう!


今日は、選抜チームに加わっていないKayaksの部員たちは裏方として合同練習を支えてくれた。キャンパス内の案内誘導やグラウンド整備など、1年生たちも一所懸命手伝ってくれた。ありがとうな。
スポンサーサイト

テンプレ決定!

4月の新年度以降、テンプレを変更しようかどうしようか迷っていたが、とてもシンプルできれいなテンプレートを見つけたので変えてみました。シンプルなのに凝ったところもあって、お気に入りです。

かえるくんとがまくんの背景画像が使えなくなってしまったけど、チョット工夫して再登場させようと思ってます。

(何か動作の不具合があったらコメントにお寄せください)

今日は練習日

今年の前期(夏休み前まで)は木曜、土曜、日曜をグラウンド練習日としているが、今日と来週の水曜日は、北海学園大学との定期戦のために練習日に変更した。1年生を何人か出場させるために、少しでも多く練習しようという訳だ。それで今日は定時で無理矢理仕事を切り上げ、泉キャンパスへと向かった。

今日の予定としては、オフェンスのベースプレーをじっくりとアサイメントを確認しながら、どうやってボールを前進させるのかを1年生たちに理解してもらおうと考えていた。なので、ランメニューは大幅に省略し、ドリル中心でメニューを組んでいたのだが、練習開始早々、アクシデントが起きた。2年生レシーバーがパスツリーの練習中に指を脱臼したのだ。

見る見るうちに指は腫れ上がり、骨折の恐れもあったのですぐに病院へと連れて行った。幸い(?)脱臼で3週間ほどで治るとのこと。試合前に怪我だけはさせたくなかったのだが、こればかりは仕方がない。用心していても、怪我をする時はしてしまうものだ。

そんな訳で、今日は練習をほとんど全く見ることができなかった。しかし、マネージャーがドリルの用紙を丁寧にビデオに撮っていてくれたので、病院から戻って、1年生たちと一緒に部室で今日の練習を見ることができた。予想以上に皆上手だったが、練習後に自分自身のプレーぶりをビデオで見て、さらにプレーに対する理解度が深まったことだろう。

試合まで僅かな時間しか練習できないが、質の高い練習をして少しでもチームを勝利に導けるよう努力していきたい。

どうもピリッとしない

対北海学園大学定期戦まであと1週間。グラウンドでの練習は今日と来週の水曜・木曜の3回だけ。木曜は午後の練習で私は仕事中のため、私が見れるのは今日と夜練習の水曜だけだ。

さて、今日はいつもどおりファンダメンタルメニューを行い、パートとチームドリルでプレーの確認をする予定だったが、どうも練習開始当初からピリッとしない。ファンダメンタルのミニハードルやスクエアアジリティでミスを連発し、パート中もあまり声を掛け合うことなく、迫力が全く感じられない。1、2年生中心の若いチームだから試合1週間前にどんな精神状態で練習に臨むべきかよくわからないのかもしれないが、それでも元気が無さ過ぎ。声ぐらい出せるはずだ。

チームドリルでも凡ミスを連発し、時間ばかりかかってしまう。ミスというか動きがバラバラで、ユニットとして機能していない。ボールを前進させるための手段をみんなバラバラに思い描いているかのようだ。おそらく1年生がポジションに入り、微妙なズレが生じてそれがどんどん大きくなってしまったのだろう。2、3年生に対してもミーティングで確認したことを再度伝えなければならないほど、チームは混乱してしまっていた。

3時間以上の練習になってしまったが、どうにか修正するきっかけはつかめたようだ。やっているプレーが単純なだけに、狂い出すのも早いが修正も容易だ。こうした利点を最大限に生かして、単純なプレーで最大限の効果を上げられるよう注意深く教えていこう。

せんだいグリーンボウル速報

ユアテックスタジアム仙台で開催された「せんだいグリーンボウル」の結果速報。

東北学生オールスター vs 東北社会人オールスター
第1Q 3-0
第2Q 0-3
第3Q 3-0
第4Q 0-6
Total 6-9

残念ながら学生オールスターが敗れてしまった。私たちコーチングスタッフが選手の持ち味を出し切れず、接戦を失ってしまった。

私はこれから職場の歓送迎会があり、私も迎えられる側なので試合後の挨拶を失礼させていただいた。選手の皆さん、トレーナー・マネージャーの皆さん、それにコーチングスタッフの皆さん、ごめんなさい。お疲れさまでした。

詳細は後ほど…?!

せんだいグリーンボウル

今日の仙台は汗ばむぐらいの陽気に恵まれ、ボウルゲームに相応しい最高のコンディションだった。

試合に先がけ、ボウルゲームらしく選手入場の儀式が行われたのだが、社会人オールスターが無難に入場したのに対し、我が学生オールスターは間が悪いというかダラダラとした雰囲気が漂う。不慣れと言ってしまえばそれまでだが、実はこうしたところに「センス」の善し悪しが表れてくるものなのだ。

さて、試合の内容だが、はっきり言ってオフェンスの力不足がハッキリ表れた展開だった。プレーコールを担当した私をはじめ、コーチングスタッフが選手たちの持ち味を引き出すことができず、消極的な展開に終始してしまったことは否めないが、選手たちも持てる力を出し尽くしたとは決して言えない内容だったと思う。

ディフェンスチームはよく頑張った。再三にわたるピンチも素晴らしい気迫で乗り越え、経験で遙かに上回る社会人オールスター相手に、僅か9点という失点に抑えたのは賞賛に値しよう。やや時間を食われたのは残念だったが、相対的には素晴らしいディフェンスだった。

オフェンスのメンバーも不甲斐なかった訳ではない。私の力不足で「攻め」のオフェンスができず、得点するオフェンスではなく、失点しないオフェンスに終始してしまった。おそらく選手たちはフラストレーションの溜まる試合展開だったろうが、すべて私が悪いので勘弁して欲しい。

オールスターとは言え、各チームの事情により必ずしもベストプレーヤーが集まった訳ではないだろう。しかし、2回の合同練習と今日の試合を通じて、何かしらフットボールの重要な一面を身に付け、各自チームに持ち帰ってくれれば嬉しいのだが…。

今日は職場の後輩が試合を観戦してくれたとのこと。フットボールのレベルから言えば、あまり高くないレベルの内容だったが、それでもヘルメットがぶつかる音やスピード感に感動してくれていた。そう、アメリカンフットボールはナマで見れば最高にエキサイティングなスポーツなのだ。食わず嫌いの皆さんにも、是非一度味わっていただきたい。きっとヤミツキになりますよ!?

クルマの

ヘッドライトのバルブが切れた。

旧い特殊な型らしいが、ネットで調べたら入手できそう。明後日なら買いに行けるかな?!
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の前監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。