スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成19年度納会

20071202011258今日は(日付が変わったので昨日だが…)Kayaksの平成19年度納会が行われた。いつもお世話になっている仙台国際ホテルで、たくさんのOB諸氏にご出席いただいた。

今年を振り返ると、そのスタートはまさに不安だらけ。部員不足でリーグ戦を棄権せざるを得なかった翌年で、しかも、一度はリーグ戦に復帰したあとの再度の棄権。これ以上ない最悪の状況でスタートしたと言える。しかし、「最悪の状況だからこそ、最善を尽くすのだ」という故ビル・ウォルシュの言葉を幾度となく心の中で唱え、これまで諸事情で断念してきたリクルート(部員勧誘)のアイディア、TGボウルを実現することができた。

現役部員はもちろん、他のサークルや多くのOBの協力を得、それが果たして直接の原因となったかどうかはわからないが、10名を超える新入部員を仲間に加えることができた。ようやくフットボールチームらしい練習ができるようになり、素人集団をコーチするのは骨の折れる地道な作業ではあったが、それ以上にやりがいのある責務だった。

夏の練習では、かつてKayaksが優勝争いをしていた頃と同じぐらい、部員たちと共にグラウンドで時を過ごしたが、迎えた初戦では、これまで味わったことがないほど惨めな敗戦を喫した。思い出すと指導者として恥ずかしい限りだが、逆に部員たちに励ましてもらって立ち直ったほど、自分の準備不足を恥じた。

今シーズンは3戦全敗でリーグ戦を終えた訳だが、敗戦の度に成長していく選手・マネージャーの姿を間近に見て、これほど充実したシーズンを過ごせたことを、今では誇りに思っている。

今のKayaksは、アメリカンフットボールチームとしては甚だ未熟でひ弱なチームだが、間違った取り組みは決してしていない。私たちが今シーズン果たせなかった目標の、さらにひとつ上を目指して、来シーズンを全力で戦い抜く所存である。


20071202011257納会のあと、Kayaks OB/OG会長、幹事長、それとヤツが中3の時からの付き合いの後輩と共に、とても素敵なお店で美味しいお酒をいただいた。わがままなほど信念を曲げない私は、ずいぶんと失礼なことを先輩に申し上げたが、Kayaksを思う気持ちはひとつで、ご理解いただくことができた。

来シーズンはさらに精進し、勝利の美酒に酔いたいなぁ。


関連記事 TGボウル2007 2007年4月7日(土)
スポンサーサイト

キーロックで画面オフ

アドエスはポケットに入るサイズ(大きさ、重さともギリギリだが…)なのだが、折りたたみ式でないため、ポケットの中でキーが押されないようにキーロックが簡単にできるようになっている。しかし、キーロックしても画面の照明が消えないので少々不満に思っていた。操作しないからキーロックしてるのに、何で照明は消えない?!

ということで、KeyLockSuspender をインストールした。例によって Program Files に保存し、スタートアップにショートカットを置いて常駐させた。これでポケットに入れる時にキーロックすれば、すぐにバックライトが消えて省エネ?できる。

ちなみに、画面オフの他、サスペンド状態にするとか、いろいろ設定ができるようだが、私の場合、サスペンド???って感じなので、そのあたりはおいおい…。


【ダウンロード】
  • KeyLockSuspender (tDiary::mozurin)


  • 【参考】
  • ぜろさん[es]の小粋なアプリ by mozurinさん (つまっちの用法用量は正しくお使いください。)
  • 不死鳥、復活へ

    昨日行われた第38回関東大学選手権(第8回クラッシュボウル)で、日本大学フェニックスが4連覇中の法政大学トマホークスに逆転勝ちし、17年ぶりに関東を制した。前半、最大20点差をひっくり返しての逆転勝ち。これでついに甲子園ボウルで(場所は長居だが)赤と青の対決が18年ぶりに実現する。

    常勝フェニックス復活なるか? 甲子園での勝利が、本当の不死鳥復活の時と言えるだろう。(4年目の法政QB菅原も見たかったが…)

    クラッシュボウルの様子は、スカイ・A sports+で放送予定です。
    【放送予定】 12/14(金) 23:50~26:40
  • スカイ・A sports+公式サイト


  • 日大、伝統技と快足で勝機つかんだ (asahi.com)
  • 日大フェニックス 復活V (東京新聞TOKYO Web)
  • 関学大の相手決まる 日大17年ぶり18度目の優勝 (Sponichi Annex)


  • 日本大学アメリカンフットボール部フェニックスOfficialサイト
  • 法政大学アメリカンフットボール部トマホークス


  • 甲子園ボウルオフィシャルサイト
  • 関西学院大学体育会アメリカンフットボール部“FIGHTERS”オフィシャルホームページ
  • アドヴェント

    20071203223445アドヴェントに入った。

    ポインセチアをデスクまわりに置いて模様替え。購入後3回目のシーズンを迎えた今年もきれいに色付いてくれた。夏の切り戻しをサボってしまったため、間伸びした草姿は相当乱れているが、それでも自分で育てた株は格別。見ているだけで気持ちが和む。

    左の小さな株は、春に切り戻した枝を挿したもの。予想以上にいい感じに育ってくれた。

    「猛者」たちと一緒

    今日は、泉キャンパスのトレーニングルームで柔道部の「猛者」たちと一緒になった。羨ましいほど筋骨隆々で、それぞれ熱心にトレーニングに励んでいたが、Kayaksの選手たちも負けてはいない。まだ筋力的には多少見劣りするが、熱心にトレーニングに取り組む姿勢はむしろ勝っていたのでは?!

    柔道部の監督も来ていて、いろいろと情報交換できた。彼は職場の後輩で、キャンパスは違うが同じ業務を担当している。仕事もできるが、部員たちの指導もたいへん熱心で、伝統ある柔道部だけに先輩方もたくさん職員でおられるのだが、そのプレッシャーに負けずに頑張っているのだから大したものだ。

    今日の練習で部員たちは、ウェイトトレーニングで最も重要な負荷の設定を一覧表を作って正確に行っていた。重すぎたり軽すぎたりでは、せっかくのトレーニングも効果が半減してしまうが、あれなら大丈夫だろう。今日も(チョット元気が無かったが)充実した良い練習だった。

    練習後、駐車場に着くと車の屋根に薄っすらと雪。今夜は冷え込む!

  • 不退転 東北学院大柔道部監督のブログ
  • デッドリフト

    1年生たちもオフシーズンのウェイトトレーニングに慣れてきたようで、メチャクチャなフォームでバーベルをかつぐ選手は、ほぼ、いなくなった。ほぼ、ということは少しはいるワケで、一番難しいのは、どうやらデッドリフトのようだ。

    デッドリフトの場合、軽い負荷を用いてお辞儀のように上体を動かす方法(スティッフレッグ・デッドリフトと呼ぶ)と、重い負荷を用いてスクワットのように下半身でバーベルを上げ下げする方法(方法というか、種目)の2種類があるが、Kayaksが採用しているのは後者。背中を張って上体の角度はあまり深くせず、オールタニットに握った重いバーベルを下半身の力でリフトする。相当にキツい種目で、その名のとおり(Dead Lift)、死ぬほどキツい。

    難しいのは背中の張り方。一部の選手は、まだ背中が丸くなってしまって、相当の負担を腰に掛けてしまっている。効果云々よりも、とにかく危険だ。正しいフォームでできるようになるまでは、いくら他の種目で負荷を上げていけても、デッドリフトでは軽い負荷でフォームの矯正を続けなければならない。

    このフォームの矯正は、アメリカンフットボールのファンダメンタルの改善に直結している。デッドリフトの型は、フットボールファンダメンタルポジション(FFP)とほぼ同じで、ブロッキングやタックリングの時の体勢とほとんど同じである。つまり、デッドリフトで正しく背中を張って重い負荷を持ち上げられるということは、体の中に強い芯が入ったような、強い当たりができるということと、ほとんど同じだと言える。だからこそ、デッドリフトを必須リフトのひとつとして重視し、他の種目より一層フォームにこだわっているというワケだ。

    他に今日気になったのは、バーベルのシャフトを強く握り締めている選手。カールをしてもベンチプレスをしても、上腕二頭筋より大胸筋より、とにかく肘より先の方に効くという。フォームというより、コンセントレーション(集中力)の問題?! これはもう自分自身で見いだすしかないだろうな。

    進路選択に影響を与えるもの

    リクルート(部員勧誘)関連、覚え書き

    進路選択時の影響メディア
    学校案内やパンフレット > 高校でもらったり自宅に届いた進学情報誌 > 高校の先生からの情報やアドバイス > 家族からの情報やアドバイス > オープンキャンパス・学校見学会 > 各学校のホームページ(PC)

    携帯サイトはほとんど影響を与えない。

    情報の入手経路
    学校案内やパンフレット > 高校でもらったり自宅に届いた進学情報誌 > オープンキャンパス・学校見学会 > 各学校のホームページ(PC)

    最も役に立ったもの
    オープンキャンパス・学校見学会、学校案内やパンフレット

    イベント参加のきっかけ
    学校のパンフレットやホームページ、お知らせを見て行った > 学校の先生から行くように言われた > 進学情報誌や進学情報サイトなど > 友達に誘われて行った

    イベントで知りたかったこと
    キャンパスの雰囲気
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。