スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関西でも強化試合

第3回アメリカンフットボールワールドカップ2007川崎大会に向けた日本代表2次候補チームが29日、万博フィールドで立命大・関学大と強化試合を行い、44-21で勝った。


↓お得情報!?


関連記事 日本代表が強化試合 2007年4月16日(月)
スポンサーサイト

OBに今日も感謝

昨日までとは打って変わって今日は肌寒い一日だった。しかも、練習が始まる直前に雨が降りだし、小雨が降ったり止んだりの中、練習を進めた。

上級生はヒットメニュー、特にタックリング中心にメニューを組み立て、1年生はサーキットトレーニングを1セット増やして行った。始めはやや元気が無かったが、途中からよく声が出てきた。相変わらずスロースターター。これは早く改善したい。

今日はラインのOBが2人来てくれて、現役に熱く指導してくれた。私はアシスタントコーチを持てずにひとりでチームと接してきた期間が長かったが、それは途切れることなくKayaksの良き伝統が存在していたからできたこと。部員数が減少し、学年に部員が1人だけとか全くいないという状態を経験した今は、やはり私ひとりで指導するのは難しい。昨シーズンは小野俊輔コーチという優秀なアシスタントに恵まれたが、今シーズンは彼の仕事の都合でなかなか練習への参加は難しくなってしまった。そうした訳で、今日みたいに忙しい中OBたちが練習に来てくれると私も助かるし、現役たちにとっても得るものが大きい。夜間の練習ということで明日の仕事がキツくなるだろうに、Kayaksのために時間を割いてきてくれるOBの皆さんに感謝です。そしてこれからもよろしく!

夕方から背中の左側下部に鈍痛を感じる。「走れば治る!」と高校時代にラグビー部の顧問の先生に言われた言葉を思い出したが、走って治ったのは四半世紀前…! 連休明けまで様子を見てみよう。

チーム・バチスタの栄光

チーム・バチスタの栄光
第4回『このミステリーがすごい!』大賞を受賞した『チーム・バチスタの栄光』を読んだ。
個人的な印象ではミステリーというジャンルのイメージは薄かったが、とにかくオモシロイ! 読み始めから一気に惹きつけられ、展開に意外性はそれほど無いのだが、登場人物の個性や勢いにつられてあっと言う間に読み終わってしまった。うん、ホントにおもしろい!

成功率6割の難手術『バチスタ手術』を100%成功させるチーム・バチスタで起こった術中死は医療過誤なのか、それとも殺人なのか?! 難しい医学用語も詳しく説明し過ぎる訳でなく、また、それが理解できなければ話についていけなくなる訳でなく、微妙なバランスも大変心地良い。


暑いぐらいの陽気

ゴールデンウィーク後半、4連休初日の今日は午前9時から練習を開始した。朝から晴天に恵まれ、暑いぐらいの陽気。帰省した部員も実は若干いたのだが、それでも皆、声を出して元気良く練習に励んでいた。今日は京谷コーチも練習に参加してくれたので、バックス・レシーバー陣は特に気合いが入っていたみたい。

ファンダメンタル、ランメニュー、タックリングと進めた後、今日はいよいよ明後日に迫った第3回Kayaks祭のメインイベントであるOB戦を想定したシグナルプラクティスを行った。今シーズンは春の早い段階からプレーを反復してきたが、その復習の意味も込めて選手たちの動きを見つめてみた。相変わらず少人数だから相手をイメージして動き回るしかないのだが、4月7日(土)にTGボウルを経験したせいか、選手たちの動きにぎこちなさがない。だいぶフットボール選手らしくなってきた。

2005年に創部30周年を記念して始まったKayaks祭も今年で3回目を迎える。毎年大勢のOB/OGがグラウンドに帰ってきてくれて、OB戦やフラッグフットボール、軽食を食べながらの懇親会で現役部員たちと交流を楽しんでいる。OB戦がメインのためか集まるOB/OGは若手が多いのだが、接触プレー禁止のフラッグフットボールは老若男女楽しめるし、観戦して懇親会に参加するだけでも現役時代の楽しい時間にタイムスリップできるので、卒業後ウン十年という初期の先輩方も是非ご参加ください! 第3回Kayaks祭は、5月5日(土)12時から泉キャンパスグラウンドで開催します。

爽やかな晴天

200705041835094連休2日目の今日も昨日と同じく午前9時から練習を開始した。昨日よりもさらに青空の眩しい晴天だったが、乾いた風が爽やかで心地良かった。

今日はOBが3人駆け付けてくれた。1人はスタンドから声援を送ってくれて、あとの2人はグラウンドで熱心に現役部員たちを指導してくれた。ラインとディフェンスバックのOBだが、2人共まだ現役としてフットボールを続けているせいか、指導が適切かつ簡潔で現役部員たちにすぐに役立つようなアドバイスだった。いつもながら熱心なOBたちには本当に頭が下がる。

Kayaksに必要なこと。
まず第一にフィジカルな強さ。これは、グラウンドだけでなく、毎日のようにトレーニングルームに通うことで手に入れることができる力強い体のこと。アメリカンフットボールは、最終的には1対1の勝負が試合の結果を左右する。このことをもっと現実的に受け止めて欲しい。
次に各ポジションごとのファンダメンタル。最も初歩的な基本技術を反復練習によって身に付けなければ、どんなプレーも成り立たない。現在の練習は、まだまだ一般的スポーツ選手としてのファンダメンタルに重心が寄ってしまっている。そろそろフットボール選手としてのファンダメンタルに重心を移していかなければならないのかもしれない。そのためには日々の積み重ねが大切だ。毎日のように同じ失敗を繰り返していては、その先に進むことはできない。自分はどんな選手になりたいのか?というゴールを具体的に設定して、それに向かって努力することが重要だろう。

第3回Kayaks祭

第3回Kayaks祭今日は第3回Kayaks祭。創部30周年を記念して2005年から始まったOB/OGと現役部員との交流イベントだ。OB戦をメインとして、1年生のフラッグフットボールや軽食を食べながらの懇親会を毎年ゴールデンウィークに行っている。
今年も晴天に恵まれ、今日は初夏を思わせるほど日差しが強かったが、爽やかで気持ち良い風が吹く絶好のコンディション。練習開始時に数分間のにわか雨が降ったが、乾き過ぎた土のグラウンドには、むしろちょうど良いぐらいだった。

在仙のOB/OGだけでなく、ゴールデンウィークで帰省していたOB/OGや、わざわざこのKayaks祭に参加するためだけに遠方から来てくれたOB/OGなど、約30名がグラウンドに集まった。久しぶりに会う懐かしい顔もあり、元気そうな様子を見るとそれだけで楽しい気分になる。

現役とOBが一緒になってウォーミングアップをした後、OB/OG会幹事長の高橋先輩のコイントスでOB戦を開始した。今回のOB戦はキッキング無しのスクリメージ形式で、15分間流しで第2、第4クォーターの2ミニッツを正式計時とした。
過去2回のKayaks祭では、Kayaksが強かった頃のOBが相手のため、現役チームは全くと言って良いほど歯が立たなかった。しかし今回は、今秋のリーグ戦復帰を当然の目標としている現役部員たちの気迫が好プレーを生み、オフェンスもディフェンスも押しつ押されつの展開となった。
結果は、残念ながら6-23でまたもや現役チームが敗れてしまったのだが、圧倒的な敗戦ではなく、練習不足あるいは経験不足によるミス…つまり修正可能な自滅によって敗れてしまったのだ。おそらく、現役自身も対戦したOBたちも、何らかの手応えを感じたのではないだろうか。そう、ちゃんと練習をして的確なゲームプランのもとに試合を進めれば、オフェンスは得点できるしディフェンスは相手を押さえ込むことができる。それがアメリカンフットボールだ。

OB戦のあとは1年生とOBによるフラッグフットボール。今回は時間があまり無くて、1年生には消化不良な感じだったかも? 日を改めて再度フラッグで勝負しよう。
フラッグフットボールではもう1ゲーム、女子マネージャーが1年生部員と対戦した。こちらはなかなか好ゲーム!? ロングゲインやタッチダウンパスも飛び出して、大いに盛り上がった。

Kayaks祭の〆は、恒例、OB/OGも現役部員も一緒に軽食を食べながらの楽しい懇親会。今回も、手作りおはぎで有名な秋保の『主婦の店さいち』(株式会社佐市)からおはぎやおにぎり、お惣菜を取り寄せ、みんなで美味しくいただいた。

OB/OGの皆さんや現役部員のお陰で、第3回Kayaks祭も盛会のうちに無事終了することができました。皆さん、本当にお疲れさまでした!


関連記事 Kayaks祭! 2006年5月3日(水)

小さなハンカチ

多賀城キャンパスの礼拝堂前に植えられている『ハンカチの木』から小さなハンカチがブラ下がった。先月28日にはまだ葉も出ていなかったのに、1週間ほどでこんなに生長した。ハンカチはまだ4~5センチくらいの大きさで色も緑っぽく、葉もまだ小さい。あと数日で大きな白いハンカチになることだろう。(学外の方もご覧いただけます)

東側の枝
東側の枝
苞もまだ小さい
苞もまだ小さい
苞と葉は同じ所から出ている
苞と葉は同じ所から出ている

(一昨日のKayaks祭でデジカメを壊してしまったので、130万画素の“おもちゃカメラ”で撮りました。見辛い…!)

関連記事 まだ固い新芽 2007年4月28日(土)
ブログ内検索
カテゴリー
月別アーカイブ
全記事一覧
モバイル版QRコード
このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
QR
プロフィール

k_sone

Author:k_sone
東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

FC2カウンター
different version
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。