スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩大vs日工、弘大vs工大

20061001184923今日は体験入部中の1年生を連れて、リーグ戦Bブロック第3節を観に行った。

第1試合は岩手大学バイソンズ日本大学工学部クロージャッケルズ。秋晴れのやわらかな日差しの中、日大工学部のキックオフで試合が始まった。
第1Qは一進一退の攻防だったが、サイドラインからの指示が的確にゲインにつながる日大の攻撃が、やや優勢に見えた。
第2Q、1分、岩手大学が自陣30yでファンブルロスト。これを日大がきっちりドライブして、3分、SBのリバースプレーでタッチダウンをあげ、TFPのキックも成功で7点を先制した。
しかし、直後のオフェンスで岩手は休んでいた正QBが出場し、70yをロングドライブ。7分にダイブでタッチダウンを取り返し、キックも成功で7-7の同点とした。
岩手は11分にもタッチダウン。13-7と試合をリードして前半を終了した。

後半、第3Q、4分と11分に岩手はFGを狙うがいずれも失敗。
しかし、第4Q、6分、岩手はスクリーンパスで50yのロングゲイン。敵陣10yまで攻め入り、8分にFGを成功させて3点追加。16-7とリードを広げる。
残り1分50秒、敵陣まで攻めていた日大が不用意に投げたパスをインターセプトされ、そのまま自陣15yまでリターンされてしまう。
そして残り1分28秒、岩手はオフタックルを走り抜けてタッチダウン。キックも成功で23-7とし、そのまま岩手大学が逃げ切った。

日本大学工学部は、エースランナーをプレーによってQBやSBに起用し、凝ったプレー展開で倍近いの選手数を擁する岩手大学を破りそうな勢いだった。キッキングゲームに運が無かったり、もう1つ違った動きのプレーを持っていたら、日大が勝っていたかもしれない。


第2試合は弘前大学スターキング東北工業大学ブルーレイダーズ
前節でパスに偏り過ぎていたプレーコールを修正してきた弘前大学が、第1Q、7分、タッチダウンで先制。キックも成功で7-0とした。
この試合、両チームとも非常に長い時間ボールを持ち続けてドライブするが、ファウルやインターセプションでなかなか得点出来ない。
第2Q、9分、工大は自陣からの長い距離を辛抱してドライブし続け、20yをキャリーしてようやくタッチダウン。キックも成功で7-7の同点とした。

後半開始のキックオフリターンで工大はハーフウェーを越える好リターン。一気にモメンタムを引き寄せるかと思ったが、オフェンスプレーでファンブルし、ボールを失う。逆に弘前は手に入れたボールをランとパスで上手く運び、4分にタッチダウン。キック成功で14-7と試合をリードした。
その後も工大は良くドライブするのだが得点に結びつかない。一方、弘前は第3Q残り4秒と、第4Q、6分にタッチダウンを奪い、28-7とリードを広げる。
結局そのまま試合終了。東北工大にとっては、何となくモッタイナイ試合の落とし方だった。


さて、帰りの車中で1年生に初ナマ観戦の感想を聞いたり雑談したりしたあと、ところでいつまで体験入部かな?と確認したところ、2人とも正式に入部すると意思表示してくれた。病気で休んでいた部員も復帰間近らしいし、また少しずつKayaksも盛り上がってきそうだ!
スポンサーサイト

賑やかになってきた

20061003231015昨日は1日中雨だったが、今日は良く晴れて暖かだった。
夜の練習は冷えるかな~と思ってウィンドブレーカーを着込んで行ったのだが、少し動いただけで汗ばんでしまった。

今日の練習には、2人の新入部員の他にもう2人、体験入部の学生が参加してくれていた。既に入部してくれた2人はチームに溶けこんできたし、新しく来た2人も良い動きをしていた。

アシスタントコーチも言っていたが、人数が増えて活気が戻ってきた。練習が賑やかになってきた。

練習の後半にフラッグフットボールをしたが、みんな楽しんでいたようだし、もっと長くプレーしたそうだった。写真はその時の様子。病気で休んでいた選手も復帰したし、今週末には合同練習もある。もっともっとアピールしていって、アメリカンフットボールを楽しむ仲間を増やしていきたいな~。


練習中、私の教え子であるKayaksのOBが亡くなったという連絡が入った。まだ30代半ば。山中湖での夏合宿の出来事が鮮明に思い出される。昨夏の創部30周年記念式典に忙しくて出席できないという話を電話でしたのが、彼との最後の会話になってしまった。練習後、現役部員たちと共に黙祷を捧げた。
ご冥福をお祈りいたします。

アジリティ・トレーニング

20061004232339今日も秋晴れ、風が心地良く吹いていた。
昨日から練習に参加してくれている1年生も雰囲気にはずいぶん慣れてきたようだが、少~し体の疲れが出始めたみたいだ。大学に入学して半年、受験勉強の期間も入れれば1年ぐらい、ほとんど体を動かしてこなかっただろうから筋肉痛を感じても不思議では無い。
…と言うか、多少筋肉痛を感じるのが当たり前だろう。何も感じなければ、余程モノ凄いアスリートかKayaksの練習が軽すぎるってことだ。

今日はアジリティ系トレーニングメニューの日だったが、切り返し動作を素早く行うという意識が、まだまだ不十分だ。アジリティはアメリカンフットボールのスキルに直接影響する能力の1つだから、もっともっと集中して取り組む必要がある。

アメリカンフットボールでも『パワーフット』という言い方をすることがあるが、方向転換をする逆側の足…つまり右に行くなら左足で、いかに強く地面を蹴ることが出来るか、ということがアジリティ能力を改善する鍵である。
それと自分の体を支えるバランス。
キーワードは『Ball of foot』。
力は常に地球から得られる。

Googleマップ、追加

今日は木曜で練習は16時から。仕事が終わってからでは残念ながら間に合わない。
そこで今日はブログの話。
右メニューの下の方にMapsを追加したGoogleマップを使って、普段Kayaksが練習している泉キャンパスのグラウンドと、リーグ戦が開催される各大学のグラウンドの場所を紹介している。ご参照のうえ、是非リーグ戦の観戦にお出掛けください。

  • Kayaksのグラウンド(泉キャンパス)
  • 東北大学川内グラウンド
  • 仙台大学人工芝グラウンド
  • 東北工業大学青葉山グラウンド

  • 各大学のグラウンド (Googleマイマップ)


  • Googleマップヘルプはこちら
    Google Maps API へのサインアップはこちらから。

    参考にさせていただいたサイト↓
    • geekなぺーじで紹介されているサンプルのソースを参考にさせていただきました。
    • WebWord.jpでは、地図上の情報表示を参考にさせていただきました。
    • JavaScript++かも日記では、各グラウンドの緯度と経度を調べさせていただきました。

    MaKiss(マーキス)♪

    来年、2007年7月7日~15日に神奈川県川崎市で開催される『第3回アメリカンフットボールワールドカップ2007川崎大会』のイメージガールMaKiss(マーキス)が川崎市長を表敬訪問したという記事を読んだ。

    アメリカンフットボールのワールドカップは、International Federation of American Football(IFAF、国際アメリカンフットボール連盟)が主催し、川崎大会は日本アメリカンフットボール協会が主管する。初日と最終日は等々力陸上競技場で、その他は川崎球場で試合が行われる予定だ。
    日本代表の監督はアサヒビール・シルバースターの阿部敏彰監督。代表選手は来年2月以降に発表になる。
    今年は3回目にして初めてアメリカンフットボールの母国、アメリカが参加する。過去2回とも日本が優勝しているが、果たして今回はどうだろうか? ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)のように、優勝することができるだろうか?

    サッカーのワールドカップと比べる気などサラサラないが、WBCと比較しても、参加国はWBCが16ヶ国(1次リーグ)に対し僅か6ヶ国。IFAF加盟国は、アフリカ大陸1ヶ国、パン・アメリカ大陸10ヶ国、アジア3ヶ国、ヨーロッパ29ヶ国、オセアニア2ヶ国の計45ヶ国だが、大会へエントリーしたのは11ヶ国。参加国数も寂しいが、日本で開催されるというのに、一体どれだけの人たちに知られているのだろう?
    川崎市ではいろいろな取り組みをしているようだが、来夏に向けて、アメリカンフットボールが全国的にもっともっと盛り上がると良いなぁ。

    今日は大荒れ、明日は?

    工学部祭昨日から降り続いた雨は午前中いっぱい激しく降り続け、風も強く、午前10時開始予定の工学部祭は12時に開始時間を遅らせなければならなかった。低気圧が発達しながら太平洋岸を北上したため大雨となり、仙石線や東北本線、常磐線などが朝から運転を見合わせたためだ。
    同時開催のオープンキャンパスは予定どおり9時から始めたが、出足は相当鈍かった。昼過ぎになって雨は小雨になり、午後には上がったが、風はますます強まったようだ。それでも多賀城キャンパス近隣の方々が工学部祭に訪れてくれて、キャンパス内もやや活気付いた様子。

    明日は12時から泉キャンパス仙台ブラックボルツと合同練習だ。
    ブラックボルツにはKayaks OBも多く所属しており、部員数が少なくて今年リーグ戦に参加できなかった私たちKayaksとの合同練習を、リーグ戦中にも関わらず快く引きくけてくれた。特に今回は、長くBlack Boltsで活躍しているKayaksのアシスタントコーチがスケジュールの調整等に尽力してくれた。たいへん感謝です。

    合同練習の後半は、東北工業大学ブルーレイダーズとのスクリメージ(練習試合)を予定している。
    先週、弘前大学との試合を終えたばかりで疲れも完全に癒えてはいないだろうから、無理の無い程度に頑張ってもらいたいと思う。

    明日は泉キャンパス祭も開催される。OB/OGの皆さん、是非ご声援にお出掛けください。
    Kayaksに興味を持たれた方、アメリカンフットボールを気軽に見てみたい方も是非どうぞ!


    泉キャンパスの天気ウェザーニューズ)をLinksに追加しました。

    スクリメージ(+工大対仙台BB)

    20061008183712今日は仙台ブラックボルツ東北工業大学ブルーレイダーズを泉キャンパスに招いて、スクリメージ(練習試合)を行った。

    昨日の大荒れの天気がウソのように、今日は暖かな日差しが青空と共に戻ってきた。強い風が吹いていたが、それほどパスに悪影響を与えてはいなかったようだ。
    当初の計画では、ブラックボルツとKayaksが合同チームで工大相手にスクリメージを組むという内容で、合同練習がメインだったのだが、練習前の打ち合わせで、Kayaksと工大が組んでブラックボルツとスクリメージすることになった。

    前半は15分ずつ2つのクォーターをターンオーバー(攻守交代)無しで、後半は20分ずつ2つのクォーターをキッキング無しのターンオーバー有りで行った。
    即席チームということで、タイミングも合わなければプレーの伝達も上手くできず、学生チームはだいぶストレスの溜りそうな展開だった。

    結果は仙台ブラックボルツの圧勝。個人技で持って行かれ、ロングゲインが多かった。

    見に来てくれた辛口Kayaks OB曰く、「ライン、遅っ!」
    …おっしゃるとおりです。

    Kayaksの調子は、夏合宿の頃を100としたら50程度の出来。怪我や病気で合宿以降ろくな練習をしてこなかったのが大きく響いている。やはり、毎日ちゃんとみんなで練習することがスゴク大事なんだと、部員たちも改めて気付いたことだろう。

    今日は良い経験をさせていただいた。仙台ブラックボルツの皆さん、東北工業大学ブルーレイダーズの皆さん、ありがとうございました。

    (今日の様子はウェブアルバムで見ることが出来ます)
    ブログ内検索
    カテゴリー
    月別アーカイブ
    全記事一覧
    モバイル版QRコード
    このブログは携帯電話でも閲覧できます。下のQRコードを読み取ってアクセスしてください。
    QR
    プロフィール

    k_sone

    Author:k_sone
    東北学院大学体育会アメリカンフットボール部Kayaks(カヤックス)の元監督。部員数が激減して廃部寸前にまで陥ったチームを立て直し、東北学生1部リーグに昇格させた。2011年5月、監督を辞任。

    FC2カウンター
    different version
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。